Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

アトランティスの不思議(総集編1)


FC2ブログ読者の皆様へ

これまで同じ内容をFC2とlivedoorの2つに掲載してきましたが、月曜公開の世界の不思議シリーズに限り、livedoorブログに一本化させて頂くことに致しました。
お手数ですが、下記のURLからアクセスをお願い致します。
http://blog.livedoor.jp/mysteryhunter/
http://blog.livedoor.jp/mysteryhunter/

スポンサーサイト

PageTop

mh徒然草:囚人のジレンマ???


(12月26日)
ネット記事
【広がる元日休業、現状は“囚人のジレンマ”消費者どう受け止める?】
飲食業を中心に大みそかや元日の休業を決める動きが広がりはじめた。
「大戸屋 ごはん処」を展開する外食大手の大戸屋ホールディングス(HD)は18日、大みそかと元日に休業する店舗を増やす方針を明らかにした。
ロイヤルHDは、傘下のファミリーレストラン「ロイヤルホスト」のうち(以下中略)
居酒屋「天狗(てんぐ)」を展開するテンアライドでは1969年の創業以来、初めて大みそかに全約120店で一斉休業することを決めた。
百貨店大手でも、三越伊勢丹HDが首都圏の大半の店舗で元日から2連休する。
また、携帯大手のソフトバンクも全国の携帯電話販売店の約7割で来年の元日を休業日にするなど
(中略)
確かに一連の動きは、長時間労働の是正など労働環境の改善につながることが期待され、政府が推進する「働き方改革」に好影響を与える可能性がある。
だが、これがさらに拡大していくかについては現時点では、大いに疑問符がつく。というのも、こうした動きの背景には、飲食業を中心に深刻な人手不足があり、働き方を是正するために「あえて休む」というよりは、人材確保の観点から「休まざるを得ない」というのがむしろ実態に近いだろうからだ。
帝国データバンクが8月に発表した調査によると、正社員が不足していると回答した企業は45.4%に上り、過去最高を更新したが、非正社員が足りないという企業も29.4%で、業種別では飲食店が78%にも上った。「天狗」のテンアライド幹部も「社員のリフレッシュを考えた」としながらも、「(人の確保が難しかったことも)否定できない」と認めている。
(中略)
とはいえ、営業日数を減らせば当然、売り上げにも響く。ましてや書き入れ時ともなれば、休業すれば「同業他社を利するのでは」と経営者は二の足を踏みがちだ。現状は「ゲームの理論」でいうところの“囚人のジレンマ”に近いのかもしれない。
(以下略)
・・・・・・・・・・・・
至極、当たり前の内容で、新鮮味はないんですが・・・
囚人のジレンマ???

知らなかったmhは直ぐにネットで調べました!
で~Wikiで見つけた記事の要点を以下にご紹介します。
【囚人のジレンマ】
1950年に数学者アルバート・タッカーが考案したゲーム。
共同で犯罪を行ったと思われる囚人A、Bを自白させるため、検事は2人に次のような司法取引をもちかけた。
本来ならお前たちは懲役5年だが、もし2人とも黙秘したら、証拠不十分として減刑し、2人とも懲役2年だ。
もし片方だけが自白したら、そいつはその場で釈放してやろう(つまり懲役0年)。この場合自白しなかった方は懲役10年だ。ただし、2人とも自白したら、判決通り2人とも懲役5年だ。
この時、2人の囚人は共犯者と協調して黙秘すべきか、それとも共犯者を裏切って自白すべきか、というのが問題である。なお彼ら2人は別室に隔離されており、相談することはできない状況に置かれているとする。

で~囚人A,Bが採るべき施策はっていうと・・・自白だっていいます。

まずAの立場で考えると、Aは次のように考えるだろう。
Bが「協調」を選んだ場合、自分 (=A) が「協調」を選べば懲役は2年、「裏切り」を選べば0年だ。だから「裏切り」を選んで0年の懲役になる方が得だ。
Bが「裏切り」を選んだ場合、自分 (=A) が「協調」を選べば懲役は10年、「裏切り」を選べば5年だ。だからやはり「裏切り」を選んで5年の懲役になる方が得だ。
以上の議論により、AにとってはBがどのような行動をとるかによらず、Bを裏切るのが最適な選択ということになる。よってAはBを裏切ることになる。

しかし、話はそんなに単純じゃあなく、いろいろなケースが考えられ、研究されているらしいです。
で~mhは思ったんですね。面白い問題だが、所詮はゲームだ!って。

人間の心情とか、愛憎とか、感情ってものを全く無視しています。もし、mhが生活苦から強盗しようと計画を立て、女房殿と示し合わせて近くのスーパーに侵入して逮捕され、囚人のジレンマと同じ条件を提示されたとしましょう。mhなら決して自白しません。女房殿が自白したって恨みません。それが女房殿に対する愛っていうものです。

これは私が特異な愛妻家(恐妻家?)だからというわけではありません。同じ決断をする人は多いんじゃあないでしょうか。そもそも、お互いを信じていないなら、二人で悪事を働くってな危険を冒す人は少ないんじゃあないかと思います。が、捕まれば、自分のことだけ考えて、さっさと仲間を売る人も多いかも知れませんね、現実の世界では。

囚人のジレンマの理論に従う人は、自分の損得だけを考える人だと思います。日本の外食産業やデパート業界などが、自分の損得だけで大晦日や元旦を休日や出勤日にしているとは言いませんが、ブラック企業などという言葉が流行する昨今、利益優先、会社本位で、従業員を人として扱わない風潮は昔と比べて強くなっているんじゃあないかと思います。その風潮が変わりつつあり、年末年始を休業する店舗が多くなったのは、従業員の確保が満足ではないからだとの見方ですが、従業員の確保が困難になっている原因は、企業がブラック化してきたからです。従業員を大切にする企業や店舗なら、大勢の応募があるはずで、応募が少ないのは、従業員を大切にせずに、囚人のジレンマ的発想でいる経営側の問題です。安倍首相じゃあありませんが、企業は内部留保を増やすより、従業員に利益還元すべき時代がきていると思います。そうしなければ良い従業員は育たず、企業の衰退は必至といえるでしょう。

Remember when - Alan Jackson
https://www.youtube.com/watch?v=2wc20mXtyRY
(完)

PageTop