Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草38:イランの原子力開発を止める権利?

イランが原子力発電のプロセスの中で、ウラン濃縮技術や設備を強化し、原子爆弾を造る計画を粛々(?)と進めていることに対して、アメリカを中心とする列強は経済封鎖で対抗し、これにイランが反発して世界が不安定になっていました。マフムード・アフマディーネジャードMahmoud Ahmadinejad氏が大統領だった2005年8月から2013年8月までの間です。

この経済封鎖は欧米や豪州を中心に進められ、輸出入が減って必要物資に枯渇したイラン経済は疲弊し、国民生活は大変だったようです。強硬だったイラン指導部もさすがに折れて、1年半ほど前に就任した穏健思想のハサン・ロウハーニーHassan Rouhani氏(勿論、イスラム教指導者の一人です)が、原子力の軍事利用に対して一定の制約を加える、例えばイランの原子力施設で原子爆弾などの兵器開発を進めていないかを検証する欧米人科学者の立ち合い調査を受け入れる、ことを約束し、見返りとしてアメリカは経済封鎖の緩和を約束しました。
本日4月6日時点ではオバマ大統領が封鎖緩和の方向で合意しただけですので、今後、アメリカ議会で承認されない場合は、約束の履行ができなくなり、全ては白紙にもどってしまうようですが、経済の改善を期待するイランの人々は「これで生活は好くなる!」と街頭でのTVインタビューに答えていました。よほどうれしかったようです。

しかし、前大統領のアフマディーネジャード氏も国連での演説で言っていたと思いますが、第二次世界大戦の戦勝国イギリス、フランス、ロシア、中国、アメリカの5ヶ国だけは原子爆弾を造ったり保持したりしても好く、他の国は保有することを禁止する、これに逆らえば打撃を与える、っていう発想はいかがな物でしょう?私は大国のエゴだと思いますねぇ。どう考えても不公平だと思います。しかし、多くの人は、現実を見ると、仕方ない結論でもある、と考えるのではないでしょうか。何故、仕方ないのか説明を求められても、まともに答えられない曖昧な判断基準で、仕方ない、って考えてしまっていると思います。

原爆に限らず、あらゆる兵器は削減されるべきだと思います。しかし、多くの人は削減されないことに対して仕方ないことだと受け入れています。この「仕方ない」というのは、もう少し突っ込んで考えてみると、1週間前のブログでも取り上げたように、個人の力では何もできないのだから諦める、不満があっても現実を無条件に受け入れる、ってことです。

しかし、どうして原爆の保有数を減らす動きが進まないんでしょうかねぇ?イランに原爆開発を止めさせたければ、我々も原爆を減らすから、あたなは開発を止めてほしい、ってな提案をすれば、イランだって、判りました、止めましょう、ってなことになると思うんですが、そんな事は考えてもいないようです。

こうした大国のエゴを見ていると、いつかは大国同士でひと波乱、つまり第三次世界大戦、が起きるまで武力拡充競争が続いていくのだろうな、と思います。これまでのブログで何度も言わせて頂きましたが、中国人民解放軍はウイグル人やチベット人や共産党の方針に反対する中国人民を苛(いじ)めるだけでは物足らず、ベトナムやフィリピンや、日本にもちょっかいを出したがっていますし、我が尊敬するお釈迦様の教えを大切にし、微笑みの国なんて呼ばれたりもしている(いた?)タイ王国も、国民が2分された内紛を抑えるためと称して乗り出した軍部は、昨年5月、政権を掌握して以降、今も居座っていているし、そのお隣の仏教国ミャンマーでも軍事政権が続いています。イスラム国でもイスラム指導者や国王が君主として居座り続けていて、国民投票でリーダーを選ぶシステムを導入するつもりは毛頭ないようです。

この、どう考えても不合理で偏った状態を創り出しているのは、悪魔などではなく、我々と同じ人間です。お釈迦様ではありませんが、人間は深い業(ごう)を持っているんですねぇ、やっぱり。これを断ち切るにはどうしたらよいのか?お釈迦様は断ち切ったのだと思いますが、普通の人間には、なかなか出来ることではありません。となると、業を認めた上で、さて、どうしたものかと考えるしかないのですが、せめて自分は、他の人を根拠も無く虐(しいた)げたり、困らせたりしないよう姿勢を正していようと思います、なかなかシンドイですが。

補足(5月21日)
いよいよ明日、本ブログ公開、というところで1ヶ月以上前に完成させていたブログを詠み直し、肝心な観点が抜けていることに気付きました。原爆被爆国の観点ではなく、原爆保有国の観点です。

現在、原爆を保有している国にとって、自分以外の国が平和的な問題解決を望んでいるとの確信が得られないまま原爆を手放すことは抵抗があるんですねぇ。そして、どの国も平和的手段だけで問題解決するつもりはありません、いざとなれば使える武力を持っていて、いつ戦があってもいいように訓練しています。
とすれば、原爆保有国は自ら進んで原爆という効率的な殺人兵器を手放すことはありません。そして、出来れば、他の国がこれ以上の原爆を持つことに抵抗します。だって、他の国の武力が高まるほど自国の武力の相対的な威力が減るわけですから。

つまり、最後は武力による問題解決しかないだろう、と考えている限り、原爆の廃棄が行われることはないし、新たに原爆を持つ国が出ることを簡単に認めることはない、っていうのは傲慢な人間の心理として当然の帰結ではないかと思います。
しかし、原爆保有国は保有している危険についての認識が欠乏しているのではないかと思いますねぇ、その爆弾は他国に向けて打ち込まれるのではなく、自国に不満を持った男が安全装置を解除してスイッチを入れることで自爆してしまう可能性が最も高いでしょう。

If You Love Me (Really Love Me)
https://www.youtube.com/watch?v=lYjqtYBDmFk

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>業を認めた上で、さて、どうしたものかと考えるしかないのですが、せめて自分は、他の人を根拠も無く虐(しいた)げたり、困らせたりしないよう姿勢を正していようと思います、なかなかシンドイですが。

私なんぞは、仕事柄~奉仕の精神。
  愚痴はこぼさず、現況で出来る範囲で物事解決していますが
  同輩などは、イライラして不平不満を吐き出しています。

  病は気から・・・です。
  
  自分のできる範囲で、一生懸命~です。

  
  
  

monalisa | URL | 2015-05-23(Sat)06:15 [編集]


Re: タイトルなし

癪なことを心の中に仕舞い込んで愚痴を言わないってのは、愚痴を言うよりも体に良くない、つまりストレスが高い、と言えると思うんで、愚痴を言う方がましではないか?とも思いますが、愚痴を聞かされる方はストレスが溜まりますから、結局、元を絶つしかないんですよね。そうは判っていても、周りに理不尽がゴロゴロ転がっている社会にいると、愚痴ぐらい言わせてよって気分にもなります。やっぱ、これも業ですかねぇ。
愚痴と言えば、今後も、中国と韓国と日本の指導者を愚痴る私のブログは目白押しで登場する予定になってますので、愚痴らず、寛大な心を持ってご愛読下さい。

mystery hunter | URL | 2015-05-23(Sat)10:16 [編集]