Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草64:スーパーのバナナ売り場のお婆さん

旅行計画とブログの作成に追われているmhですが、それ以外の時間は暇ですから、女房殿と一緒にほぼ毎日、外出し、少なくとも2日に1回はスーパーマーケットを訪れます。バナナは毎日2~3本を消費するので、スーパーに行くと必ずバナナコーナーに行くのですが、そこには大抵、お婆さんがいて、バナナを手に取って選んでいます。指で押さえて硬(かた)さを確認しているんですね。傷(いた)んでいない、どちらかと言えば硬いものを選んでいるのではないかと思います。積まれたバナナのほとんど全てを手に取って、指圧確認し、結局バナナは買わずに立ち去ってしまうお婆さんや、バスケットに入れ、一旦は立ち去るのですが、戻って来て、バナナを返し、別のバナナを選び直したり、時には返したら直ぐ立ち去ってしまうんです。本当に、そういうお婆さんは多いんですねぇ。

命題「バナナを買うお婆さんは、必ずバナナを指圧確認する!」の真偽やいかん!

日ごろからスーパーでバナナを買うことが多いお方は「真」であると体感されていると思います。判断が出来ないお方は、バナナ売り場で5分間、観察して頂ければ納得して戴けるでしょう。

でぇ、何故そんなことになるのか???何事も理由を明確にしないと気が済まないmhは考えてみたんです。

最大の理由は2つです。
1)特に平日、スーパーに買い物に来る人はお婆さんが圧倒的に多い。
若い男女は平日、スーパーでバナナを買う頻度は微小です。時には幼稚園にも行っていない小さな子供を連れて買い物に来る若い母親もいたりしますが、子供を連れて買い物をするのは結構疲れるんですね。従って、こういう女性は、ご亭主と一緒の時の買い物が圧倒的に多いので、平日にはめったに買い物しないんです。また、お爺さんは、大抵の場合、長寿命のお婆さんと一緒に暮らしていて、食糧の買い出しはお婆さんに一任している人が多いので、お爺さんが単独でバナナ売り場に現れるケースは少ないんですね。

2)お婆さんは利己主義者が圧倒的に多い。
買い物に来るお婆さんは、もしお爺さんが先に逝っていれば子供と別居して一人暮しの人が多いのですが、特段の仕事も無いので時間はたっぷりありますから、食材の選択には細心の注意を払います。勿論、バナナ選びは慎重です。とにかく、山と積まれたバナナの中で量(本数x大きさ)が一番多くて、見かけが一番良くて、腐っている程度が最も少ないバナナを、時間を惜しまずに選びます。一番、を選ぼうと思うと、全てのバナナを指圧確認しないといけないんですねぇ。お婆さんが一人暮しではない場合も同じです。自宅で同居している家族のために買って持ち帰るバナナはコスト・パーフォーマンスが最良のものでなければいけません。よって全てのバナナを手に取って指圧確認します。バナナのある部分が、がっちりへこむ程押して確認しますから、そこは早く腐ってしまうのですが、自分が買うのは、自分が押してへこんだスポット1ヶ所だけですから、全て押して一番硬いものを選ぶと、他のバナナにはお婆さんの指跡が残ることになるんですが、そんなことはお構いなしで、兎に角、他の人に指圧確認されて指跡が沢山ついているものの中から最高のバナナを選びます。

1)については皆さんも文句なく同意して戴けるでしょう。
しかし2)は正しいと言えないだろう?と思われるとしたら、お釈迦様の教えを思い出して頂かなければなりません。お婆さんは利己主義者が多いのです。自己中です。他の人のことは考えません。それはお爺さんだっておなじだろうと仰るんですか?いやぁ、実は全くその通りです。人間はお釈迦様ではありませんから、欲ってものがあるんですねぇ誰にでも。特に、老人は人生に残された時間が少なくなっていますから、他の人のことなんか考える余裕がない人が多いんです。よって、バナナ売り場に来ているお爺さんも要注意ですが、お爺さんがバナナ売り場に来る頻度はお婆さんと比べるととても少ないんですね。既に述べたように平均寿命が短いことや、買い物はお婆さんに任せてしまうこともあって利己主義者の爺さんがバナナ売り場に来る頻度はお婆さんと比べたら極端にすくないんです。

我が家ではバナナを買うのはお爺さんことmhの役目です。スーパーに女房殿と出かけると、女房殿が野菜などを覗(のぞ)いている間に私はバナナ売り場に駆けつけます。そして、まず、目視で1つの房(ふさ)についているバナナの本数を確認します。同じ値段なら本数の多いバナナのセットを選ぶのが我が家の規則です。毎朝3本を消費するので、理想は6本の房。これなら2日分になりますから。この、本数を確認する時点では全くの目視で、バナナは決して手にしません。凡そ2~3個ほどの房を候補に選んだら、その内の一つのヘタの部分をつまんで持ち上げ、全方向から眺めます。指圧確認の痕跡が多いバナナはmhの厳しい目から逃れることはできません。で、もしこれが許容できるものなら、これを買い物籠に入れ、第二候補のヘタをつまんで持ち上げて目視だけで観察し、籠に入れていたものよりもよさそうなら差替え、でもやっぱ、籠のバナナの方がよさそうだったら、元に戻し、バナナ選びは完了です。時には念のため第三候補があれば、へたをつまんで目視確認して籠のものより良ければ入れ替えます。しかし、3つの候補のいずれもが既にお婆さんの指圧確認で許容可能範囲を越えてずたずたに傷んでいる場合は、その日のバナナは諦めます。

このようなルールを決めて置くと、バナナの山の全てを指先確認する必要はありません。最多でも3つのバナナのヘタ持ち目視確認をするだけですから、他の買い物客にかける迷惑も少なく済みます。

私も人並みの利己主義者ですが、見境なく利己主義を押し通すのは人間として恥ずかしいと思っていて、そんなことをなるべくしなくて済むよう、自分で事前に決めたルールに従って行動することにしています。なかなかスマートな生き方だと自画自賛していますが、女房殿に言わせると「こういう場合はこうでなきゃだめ、とか男って決めてかかることが多いのよね。だから融通が利かなくて、生活力がないのよね」と、こき下ろされ、反論できないまま半世紀ちかくの時間が過ぎていますから、これからもこんな調子が続くんでしょうねぇ。

注:今回の曲は音が出るまで5秒ほどあります。
Paul Anka - Diana
https://www.youtube.com/watch?v=5JpWEZ2BQ7I
(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も・・・もう婆さんと呼ばれる年ですが~
バナナは、毎週日曜朝市で、一番房数が多いものを選んで買います。
6本で、100円です。
バナナも安くなりました~ね。

朝市の品物は、朝、箱から出される商品ですので
指で触られる・・・なんて発想は、いままでありませんでした。
~というより、そういうことをする人は、他人の振りも気になるのかな!?

私って、マイペースなので、
亭主と一緒の買い物もあまり好きではありません。
だって、商品を手に取ると、「それが欲しいの!?」なんて聞くでしょう?
大きなお世話ですよ。
こちとらの頭には、1週間のメニューがいっぱい詰まっていて
日曜朝市で1週間の買い物をして、うまく賄っていく~というのが、
真骨頂なんですから~ね。
亭主は、おいしい料理を食べさせてもらえるのを楽しみに
待っていればいい!!・・・と思うのです。

しかし、厳しいですね!?
「融通が利かなくって、生活力がない」~とは。

うちの亭主には、とっても言えないです。

言えるのは~先を見る目が足りないわね・・・ぐらいです。

monalisa | URL | 2015-11-27(Fri)13:45 [編集]


Re: タイトルなし

私はバナナ選びの達人だと思ってますが、近場のスーパーは2つしかないので、その他の買い物との関係から、どちらかを選んで、そこのバナナ売り場で、さて、どうするか、と考えるのですが、朝市でいつも6本100円としたら安いですね。当方は、毎週1回の果物・野菜バーゲンセールでバナナが出ている時を除けば、4~6本の房が税別136円ってのが普通です。

で、生活力が無いって言われても、聞き流してますからどってことないですが、先を見る目が足りないってのも、どうなんですかねぇ。これも聞き慣れて、聞き流すことに心を決めてしまえば耐えられるとは思いますが。

mystery hunter | URL | 2015-11-27(Fri)15:19 [編集]


これはまた驚くべき近視眼。味というファクターを加えて選別しているお婆さんの方が判断因子不足の爺さんよりも数段上ですね。

| URL | 2015-11-30(Mon)12:16 [編集]


Re: タイトルなし

味ですかぁ。確かに、バナナ売り場では値段が異なるものが置いてありますねぇ。しかしmhの関心を引いているバナナは、値段が一番やすいやつで・・・。今からバナナを買いにでるのですが、今日は138円ではなくて、その上のクラス(170円くらい)のものを試してみましょう。

mystery hunter | URL | 2015-11-30(Mon)12:47 [編集]