Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草70:あけましておめでとうございます。

mh:当初の公開予定日1月1日から1週間遅らせて頂きました(11月25日)。

気が早い、というか暇が満ち溢れているmhは、この記事を11月15日に書いているのですが、今年分のmh徒然草の投稿は完了し、このブログは1月1日の公開です!たった今まで、それに気付きませんでした。

実は今日は日曜日ですが、女房殿が七五三の着付けアルバイトで横浜みなとみらいの貸衣装屋に朝早く出かけるというので、早目に起きて朝食を仕込み、女房殿が出かける7時半まで若干の時間があるので、パン焼き器に食パンを放り込み、このブログを書き始めました。パン焼き器のスイッチONは25分後なので、それまでに終えられるかどうか。

こんなに慌ててブログを書くことにしたのは、日本時間14日早朝のパリの乱射事件について思うことがあったからです。
朝日新聞一面トップ「同時テロIS犯行声明」とありますが、亡くなった人の数は一面には記されていません。120人を超えると昨日のニュースで言っていましたから、重体の方も多く、死者の数はもう少し増えるのではないかと思います。

ISやこれに組するイスラム系テロリスト集団がいる限り、このような惨事は続くのでしょうが、それはフランスが日本などと比べたら膨大な人数のイスラム系外国人を受け入れているからだけではなく、ひょっとすると銃器の個人所有を認めているからではないのかしら、とふと思いました。本来なら直ちにネットでこれが真実か否かを確認するmhですが、今は女房殿のパンを焼く仕事が待っていますから、疑問はそのままとしておきます。

もし銃の所有をもう少し厳格に法律で定め、管理していたら、事故は起きなかった可能性があります。アメリカで散発している学校や教会などでの乱射事件では、その都度、国民から銃規制の話が出てくるのですが、銃の製造メーカーや愛好家で構成される全米ライフル協会などが「こんなだからこそ、自分の身は自分で守らねばならない」といって、むしろ銃の個人所有を奨励する話が出されています。こんな発想では世界から原爆が無くなることはないでしょう。

で、ISのテロがなぜ生まれることになったのかについて、以前、ブログで貧困を挙げました。サウジアラビアやブルネイではイスラム国にも拘わらず、テロは起きていません。使い切れない富を地中に埋まっている石油が生み出してくれ、国王は世界でも屈指の富豪ですから、国民の反発を抑えるために生活費の一切合財を国が保証しているので、国民は働かなくても綺麗な家に住み、食事を楽しみ、車を乗り回し、教育も受けられるのです。じゃあ、レストランのコックやウェイター、ゴミ収集作業や病院の看護師などは誰がやっているのかというと外国から来た出稼ぎ労働者です。

このように石油で富を得ている国は、石油が枯渇するまで、国民の不満は抑えられるのかも知れません。しかし、そうではない中東やアラブ、北アフリカの、砂漠が国土の大半を占めている国はどうでなるんでしょう。砂漠と石油。この2つがISが生まれる根源ではないのか?と朝、ベッドの上で思いついたので忘れないうちにしたためることにした次第です。

しかし、落ち着いて考えてみると、砂漠と石油で貧富の差は生まれ、これがテロの温床になったという考えは間違いではないでしょうが、マララさんではありませんが、やはり教育の貧困がテロ集団を産んだのだと思います。偏りのない知識を得て、自分の人生について広い目で考えることさえ出来たなら、仮に貧困でも、自分の思想のために他人を殺すという発想は生まれないと思います、中にはそんなことを考える変人もいるでしょうが、それは僅かで、群れを成して複数の、何の罪もない人達を殺すという集団テロなんて起こらないでしょう。

まだまだ書き足りないことが残っていますが、もう時間です。
折角のお正月につまらない記事を投稿することになって申し訳ありません。新しい年もよろしくお願いいたします。

(追記:11月24日)
フランスの銃規制は緩(ゆる)い、というニュース報道がありました、やっぱりですね。また米国ライフル協会のスローガンは「Guns don't kill people, people kill people.(銃が人を殺すのではない、人が人を殺すのだ)」で、米国銃所有者協会のスローガンは「銃規制が人を殺すのだ。銃は人を救います。」とのこと。殺す側に正義、殺される側に罪がある、という発想で、銃所有者は自分が神だと考えているかのようです。人を殺してよいとキリストは言っていないはずです。ISが行動の言い訳にしているイスラムの神アッラーは「異教徒は亡ぶべきだ」と言ったんでしょうね、多分。いずれにしても、キリストもアッラーもお釈迦様には及びません!

Helen Shapiro - You don't know – 1961
https://www.youtube.com/watch?v=y1t8AeIrkhw
(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する