Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草73:日本人は曹操が一番好き?

徒然なるままにネット新聞を見ていると、台湾メディアの記事がありました。

見出:中国人には理解不能!日本人が一番好きな中国史上の人物は“あの人”
記事:2015年12月4日、台湾メディア・中時電子報は記事「予測不可能!日本人が一番好きな中国人はあの人だった」を掲載した。
日本人が一番好きな中国史上の人物は誰だろうか?先日実施された調査によると、三国志の曹操だという。中国では乱世の梟雄(きょうゆう;残忍で荒々しい人物)という評価が一般的で、三国志ならば諸葛亮、関羽、趙雲などが人気のキャラクター。なぜ日本人は曹操が好きなのだろうか。
その理由は江戸時代にまでさかのぼる。『絵本通俗三国志』という絵つき小説が大ヒットしたのだ。同書は中国の『三国演義(三国志演義)』を翻訳したものだが、独自に史書の内容を加えるなどより歴史事実に近い内容になっている。以来数百年、日本では三国志人気が続いており、さまざまな本が出版され、中国とは異なるイメージが構築された。
また日本人の好みもある。日本では強権の政治家が人気となるのだ。また自ら皇帝を名乗った劉備や孫権と違って、形式的には最後まで漢王朝に仕えたのも忠義の士が好きな日本人に響くポイントだろう。

ご参考に「絵本通俗三国志」をご紹介しましょう。縦横22cmx15cmの本でネット・オークションでも沢山出回っています。
a0599a.png
中身を見たら平仮名とルビが振られた漢字が並ぶ頁が凡そ90%。
a0599b.png
絵はというと10%程度のようで、見開きで描かれているものばかりのようです。
a0599c.png

日本人の曹操好きを取り上げた中国メディアの記事もありました。
見出:日本人が選ぶ一番好きな中国の歴史上の人物、中国ネットも納得?=「これは反論のしようがない」「日本人の観点は正しいと思う」
記事: 6日、日本人が一番好きな中国の歴史上の人物は曹操との調査結果について、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は河南省許昌市魏武帝広場の曹操像。
a0599d.png
2015年12月6日、中国メディア・新浪は台湾メディアの記事を引用し、日本人が一番好きな中国の歴史上の人物は曹操だと伝えた。
日本で最近行われた調査によると、日本人が一番好きな中国の歴史上の人物は三国志の曹操だった。その理由について新浪は、「三国志は日本で人気が高い。日本人は凶暴で荒々しく強権な人物を好む傾向があり、漢王朝に最後まで忠実だったから」とした。
このニュースが中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
「能力では曹操が一番上」「これは反論のしようがない」「俺は日本人の観点は正しいと思う」「曹操が好きというのは間違っていない。劉備の方が野心的で偽善的だ」「劉備が好きという方がむしろおかしい」「中国人は仁義に厚い関羽が好き」「中国でアンケートをしたら絶対に趙雲が1位だ。強くてカッコよく、主人に重用され、長生きしたから」「日本人の三国志好きは半端ではないな」「日本人は漢文化に対する理解と普及率が非常に高い。中国の若者ももっとたくさん本を読んで歴史を知ってほしい」「日本人が好きなのは歴史上の曹操か?それとも小説での曹操か?」

最初に記事を見た時、何でこんな埒(らち)も無いことを取り上げているのかしら、と不思議に思ったのですが、台湾メディアが、日本で行われた「あなたが一番好きな中国人は誰ですか?」という調査結果を取り上げたのが発端で、中国メディアは台湾メディアの記事を引用し、中国人の感想を付記して記事にしたという経緯だったんですね。で~誰が「あなたが一番好きな中国人は誰ですか?」という質問を日本で行ったかは明確ではありません。

mhがブログを始めた切っ掛けは2013年6月22日~29日に訪れた中国ウイグルの旅で出会った徐福の子孫K氏が発したシルクロードの不思議な質問「シルク ロードで中国からシルクが輸出されんでしょう?その見返りに何が中国に輸入されてきたんでしょうかねえ?」(2013年12月19日ブログ公開)です。

解答篇ではK氏について次の通り書かせて頂きました。
「本題からそれるが、問題提起者のK氏についてもう少し説明しておこうと思う。K氏は、秦の始皇帝に不老不死の薬を探すよう命じられた徐福の‘子孫’で、横浜の家族から離れて伊東の別邸に一人で暮らす70代の男性だ。野良仕事と中国語版三国志本の読破・分析三昧という、文字通りの晴耕雨読らしい。当然、中国語には堪能で、会話も読書も思いのままだ。9月には「1級管工事施工管理技術士」認定試験を初めて受験するとのことで、今回は例題集を持参してきていた。それを私の目の前でちらつかせては私の知識を試したり、途中で立ち寄った上海や西安の空港内の本屋で買い求めた中国語版三国志本数冊を読み耽ってはページの余白に何やらメモを書き込んだり、という具合で、ユニーク、奔放この上なく、今回のツアーの人気者だ。中国語版三国誌は東京丸善でも探すのが大変らしい。毎年中国で催される徐福会に参加しては北京や空港の本屋に立ち寄り、三国志に関係する本なら何でも構わず購入していたとのことだった。日本と比べたら価格は安く種類も豊富なんです!と嬉しそうに話していた。」

でぇ、mhも実は三国志のファンでした。吉川英治の文庫本「三国志」全8巻を何度読み返したことでしょう。永久保存版として保管していたのですが、有る時、狭い団地の部屋の居住性を改善しようと、本棚の大々的な棚卸をした際、思い切って捨ててしまいました、随分いたんでいましたしね。
一番好きだったのは諸葛孔明で、次は関羽でしょうか。

でぇ、日本で行われた「あなたが一番好きな中国人は誰ですか?」というアンケート調査ですが・・・本当に行われたんでしょうかねぇ。とすれば、誰がどんな目的で行ったのか。もし私が尋ねられたら、少し考えてから、孔子か、李白、比較的最近の人物なら周恩来を挙げたと思います。しかし、もしあなたが街頭で「一番好きな中国人は誰ですか?」って突然きかれたら、どう思います?何て、突拍子もない、荒唐無稽な質問をするのかしらって思いませんか?
恐らく、若い人なら「そんなこと訊かれたって、中国人なんてあまり知らないし、一番好きな人なんて言われてもねぇ」って反応を示すと思いますね。嫌いな人は、と聞けば、とりあえず習近平、って答えるかと思いますが、それだって、習主席のことをどれだけ知ったうえで嫌っているのか怪しいものです。

「中国人で一番好きな人は?」と訊かれた日本人の反応は味もそっけもない、白けたものだろうことは、普通の日本人なら先刻ご承知でしょうから、このアンケートは日本人が企画したものとは思えません。きっと台湾メディアの関係者が思いついたか、場合に寄れば、アンケートもせずに、中国通の日本の知人と話してみたら、三国志では曹操が人気があるようだと思い、それを記事にしたのかも知れません。そういえば、三国志を取り上げたゲーム・ソフトが人気を博していた気がしたのでネットで調べてみると、沢山みつかりました。つぎのAMAZONでは「三国志13」ってなってますからシリーズ第13作ってことかと思います。
a0599e.png
カバー絵の一番上で剣を目の前で引き抜いている男が恐らく曹操です。一番大きく描かれていますから、ゲームに最も頻繁に登場する敵役(かたきやく)の人気キャラクターかも知れません。

だとすれば、日本人の若者が「誰が一番好きな中国人か」と訊かれて「曹操!」って答えた可能性はなくはありませんが・・・

それにしても、こんな質問、何のためにしたんですかねぇ。何度考えてみても日本のメディアが思いつく質問とは思えません!きっと台湾メディアのでっち上げだと思うのですが、ならば、何故、台湾メディアはそんなことをしたのか?しかも曹操という答えを聞いて“江戸時代に『絵本通俗三国志』という絵つき小説が大ヒットしたことが根底にある”って理屈も付けていますから驚きです。よくまあ、そこまで発想を拡げられるものだと感心してしまいます。

更には、台湾メディアの記事を引用した中国メディアの記事に、中国人読者が「これは反論のしようがない」とか「日本人は漢文化に対する理解と普及率が非常に高い。中国の若者ももっとたくさん本を読んで歴史を知ってほしい」とまで持ち上げてくれているとなると、日本人のmhとしてはこそばゆくなります。

三国志の登場人物の中で中国人が最も身近に感じるのは関羽ではないかと思います。敵ながらあっぱれな関羽に惚れ込んだ曹操は関羽の母親を囮(おとり)にして自分の部下に引き込み、名馬“赤兎馬”を与えますが、関羽は赤兎馬と共に曹操のもとを去りました。劉備、張飛と三人で結んだ桃園の誓いを守った関羽は中国人の心を引き付け、彼が亡くなると神として崇め、中国のあちらこちらに、いや、中国だけではなく華僑が進出している海外においても、関羽を祭る神社、つまり関帝廟、を建てることになりました。mhのおひざ元の横浜中華街にも関帝廟があって、観光スポットになっています。
a0599f.png
で、関帝廟にお参りすると一体どんな御利益があるかご存知ですか?
Wikiにこうあります。「関羽は(塩湖で知られた解県の出身である為)塩の密売に関わっていたという民間伝承があり、義に厚いとされる事から商売の神として祭られた。この事に起因して、そろばんの発明をしたという俗説まで生まれた。そのため世界中に華僑が散らばっていったときに、商売が繁盛する様にとその居住区に関帝廟を立てた。そのため世界中の中華街などで関帝廟を見ることが出来る。」
関帝廟は神戸にもあります。中華街から少し離れているようですが。
a0599g.png

つまり、関羽は商売の神様で、お金持ちになれるようにってお祈りするところが関帝廟なんですね。世界の商人とも言われる華僑を産み出した中国で、曹操より関羽が崇められることになったのは当然の帰結といえそうです。

で、その中国や台湾が日本人が好きな中国人はどんなタイプなのかを気にかけているのです!日本と中国は、政治や宗教の違いはどうであれ、経済では相互依存関係が強い証拠が「日本人は曹操が一番好き?」という記事が生まれた理由だと思いますね、尊敬するお釈迦様が仰った因果応報なんですが。

Love Potion Number 9 - THE SEARCHERS - Lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=QAR_nTbcquc
(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

冗長に過ぎる本文のどこかに記述してあるかも知れませんが、中国での大衆人気を云々するなら、関羽を善玉、曹操を悪玉と徹底している京劇の影響を語る必要があるでしょう。京劇は当然ご存知ですよね

| URL | 2016-01-29(Fri)20:25 [編集]


Re: タイトルなし

京劇は北京で見たことがありますが、確かに関羽みたいな武将が青龍刀を持って現れた気がしますね、記憶があいまいですが。孫悟空は登場しました。いずれも何を話してるのか、英語のテロップが電光板に表示されてましたが、見てる暇もなかったので、何が演じれていたか、よく判らずじまいです。

mystery hunter | URL | 2016-01-30(Sat)09:42 [編集]