Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草89:しょっつるあたりめの値段?


Wiki:しょっつる
秋田県で作られる魚醤。塩魚汁とも書く。ハタハタなどの原料魚に塩を加え、1年以上かけて熟成させ作る。タンパク質が分解されたアミノ酸やペプチドを主成分とし、うま味と特有の風味を呈する。秋田県の伝統的な調味料で、江戸時代初期から製造されている。

でぇ、次の写真は12月に岩手出張した帰り、新幹線車中で買ったおつまみの残りで、家でも晩酌時のおつまみにしようと横浜の自宅に持ち帰ったものです。
a0799.png

実は、一関の駅構内のキオスク(って今も言っているんでしょうか・・・)でビール「のどごし生500」¥200円と「いかそうめん」¥130円、それに日高昆布おにぎりと紅鮭お握りを買い込んだのですが、東京へ向かう車中で、ものの30分もしないうちに飲み尽くし、食べ尽くしてしまいました。少し飲み足りないということで、車中で「アサヒドライ350」¥280と「しょっつるあたりめ」¥280も追加して頂くことにしたんですね。勿論、若い女性のワゴン販売で、値段も聞かずに「これと、これ」って感じで選びました。支払は「スイカ」で済ませました。

横浜に戻り、「しょっつるあたりめ」の残りと一緒にジャケットのポケットから出て来たのが一関の構内のキオスクと新幹線車中のレシート。で、見て、おぉっと思いましたね。

キオスクのビールは500mlで200円でしたが新幹線車中のビールは350mlで280円です!キオスクのビールのml当たり単価なら新幹線車中のビールは140円なのですが、それが2倍の280円!そしてアタリメはっていうと、大した量が入っていた訳ではないのに、280円なんですね!

いやぁ、高いなあ、って思いました。一関でビールもツマミも2倍買い込んでくればよかった!次回は必ずそうしようと決心した次第です。新幹線のビールはサービス料金も入っているので仕方ないかという気もしますが、キオスクだってサービス料金は入っている訳ですから、やっぱ不当に高いと思いますね、是非見直しして頂き、仕事で疲れているお父さんのお小遣いをいたずらに巻き上げないでほしいと思います。

でぇ、「しょっつるあたりめ」ですが・・・確かに、その前に食べた「いかそうめん」と比べると製造に手が込んでいる感じはありましたし、風味も感じられましたので、いかそうめんよりも高級だとは思いますが、それにしても痩(やせ)せたイカで肉が薄くてこの値段では不当だと思いました。

「のどごし」は発泡酒で「アサヒドライ」は純正ビールですが、いつも第三のビールを飲んでいるmhにとっては、いずれも美味しいビールで味に有意差はありません。いずれもビール鋳造メーカーの自動化された製造ラインで仕込まれ、出荷され、なんでこんな大きな値差になるのか。税金もあるでしょうが、ネームバリューというか、発泡酒とビールは違うんだよって知らしめるために故意に値差をつけているだけじゃぁないのかしらって思いますね。

で、しょっつるあたりめはっていうと、商品名の響きから、やっぱ、手が込んでいて、なんといっても「しょっつる」という特殊な醤油を使っていますから、それで高いのかもしれませんが、それは値段のほんの一部でしかないと思います。

いかそうめんとしょっつるアタリメの値差はサービスの差と言えなくもありませんが、それは正解ではないでしょう。サービスしてくれる売り子の女性はキオスクも車中も大差なく親切だし、キオスクの女性と車中の女性の給与差は恐らく僅かだと思います。一体全体、しょっつるあたりめにmhが支払った高いサービス料はどこに消えているのかしら、との疑念を持ちました。寒風が吹く秋田の浜辺でしょっつるあたりめを仕込んだ人や、ワゴンを押して車中で商品を売り歩く女性に配分されるお金は恐らく僅かだと思いますね、というのはこれらの人がお金持ちで裕福な生活を送っている感じがしないのです。私からまきあげたお金は流通費と称して、JR東海を筆頭とする、自分ではなにもしないで物を右から左に移す指示だけする所謂(いわゆる)中間業者が吸い取ってしまうんだと思います。車中には酒屋がないから、飲みたいやつは高くても買うだろうってなスケベ根性で値段を高く設定しているとしたら許せません!

およそ、汗をかかずに指示だけする中間業者が不当に利益を得る社会は、間違っていると思います。政治家も国民のためになることもせずにスキャンダルを起こしたりしながら高給をむさぼって、自らの身を削る努力、つまり公約の議員数削減、もしていませんから、そんな日本はおかしいと思います。

今日は12月20日で日曜ですから、週2回の第三のビール解禁の日。スルメの足と柿の種をおつまみに、世の理不尽を嘆きながら一杯やるつもりです。

PAUL AND PAULA - Hey Paula
https://www.youtube.com/watch?v=xj-YqTQZ5iQ

(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

キオスクでなくっても
発泡酒と純正ビールの値段は、適正価格だと思いますが・・・。

第三ビールに200円払って満足?
本当のビールの味を知らないのでは?

貧乏人は、辛い~ね。

そんな嫌いな日本から、そろそろ脱出なさいませ!!
取り敢えず、何処の国?・・・って、誰かにまた言われますよ。

ビール鋳造メーカーではなくって・・・
ビール醸造メーカーじゃあないの?

monalisa | URL | 2016-05-20(Fri)06:58 [編集]