Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草93:誰もが出来ないことをやるリーダー?

東京都の舛添知事が外遊して1泊20万円のホテルに泊まったり、連日、湯河原の別荘に公用車で移動したりすることについてマスコミで指摘を受けると「何も問題ない」と見えを切る場面をTVニュースで見た方は多いでしょう。恐らく、多くの人が、舛添氏は首都のリーダとしての資質に欠けていると思ったのではないでしょうか。

丁度、同じころ、私がいつも辛口で批判している岸田外相が訪中しました。大した進展がないにもかかわらず、笑みを浮かべて「重要な第一歩を踏み出した」と自画自賛しているTVニュースを見て、はて、日中関係は、最近、どうなっていたんだっけ、と改めて考えてみると、南シナ海での中国の横暴や、中国経済の失速など、好い話がない中、TV番組「今世界は」に出演していた元中国大使の丹羽氏が、日中関係の悪化の切っ掛けは尖閣諸島の国有化だったと指摘していて、石原前都知事が「あそこは東京都が買い取ります」と見えを切った様子も映し出されました。その発言を切っ掛けに、中国に進出していた企業やスーパーが暴徒に襲撃され、大損害を受けましたが、石原氏がこれに弁明したというニュースを見たことはありませんし、コメントしたとしても、悪いのは中国だ、けしからん、ということ以上のものがあるとは思えません。

日本のリーダー安倍首相は、年金積立金を株に投資し、日銀と結託してマネーゲームを仕掛けましたが、今日5月2日、円高が急速にすすんで、株価も大暴落が続いています。

これら一連の出来事から、凡そ、リーダーが、誰も出来ないことをやる時、それは理にかなわぬことばかりだとの真理を悟りました。考えてみれば、理にかなったことは多くの人が賛同することですから、目立ちませんし、誰もがしないことじゃあないんですね。で~誰も出来ないことをやるリーダーは、他の人が出来なかった、誰もがやりたがっていた事を、リーダが優秀だから実施できた、って例はほとんどありません。例えば、誰もが期待しているはずの核のない世界を実現するリーダーはいません。むしろ、核や武力は必要だというリーダーばかりと言えます。そんなリーダーが、自分にしか出来ないことをやりだすと、そのリーダーを頂く人々は、悲惨な結果を辿ることになるのは、自然の摂理ではないかと思います。

リーダーは多くの人々の考えや希望を理解し、それを成し遂げる方法を考えて、実践するのが責任だと思いますが、そんなことはせず、自分にしかできないことをやりだす、というのは乱心としか言いようがありません。リーダーになると、そのうち、乱心する人が多いのは、日本に限らずどの国でも同じようですから、乱心する前にリーダーを入れ替えるシステムとか、リーダーの権限を制約するシステムを作っておくことが重要だと思います。

本当に優れたリーダーとは、自分にしかできないことをする人ではなく、誰もがしてほしいことをする人だと思います。

Roy Orbison-Oh Pretty Woman (with lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=mHPgco6GQk8

(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する