Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草95:不確実性の時代にどう生きるか(解答)

猫の目の様に、予測不能な変化を続ける不確実性の今の時代を幸せに生き抜くための2つの秘訣とは?

1.何が起きても受け入れること。
2.起きてほしい事が起きるよう、起きてほしくない事が起きないよう準備すること。

幸せに生きる基盤になるのは、何んと言っても精神的かつ肉体的な健康です。その最大の敵はストレスですが、ストレスの原因はいつでもそうですが、現状否定です。従って、何が起きても、その現実を受け入れればストレスを回避でき、健康には最善です。

現実に起きたことこそが事実であり真実ですから、それを受け入れないというのは間違いです。そう簡単には割り切れないよ、って仰るとしたら、その時点で、あなたはストレスの罠(わな)にはまり込んでいると言えるでしょう。

何が起きても受け入れる心を獲得できさえすれば、どんな不確定性の時代も乗り切れると思います。

それはそれとしても、今より楽しく活きる方もあるんじゃぁないの?と言われるのですか?
ありますよ!
起きてほしいことが起きるよう、起きてほしくない事が起きないよう準備することです。

具体的には何をすればよいかっていうとですね・・・
まずは現状把握ですね!今、あなたの身辺では何がどうなっているのか、それは何故か、ってなことを知ることが第一歩です。
現状把握の次は、対処方法の考案、次は実践、次は、元に戻って現状、つまり実践の結果、どんな状況になったかを把握し、次の手は対処方法の考案、と、現状把握⇒対処方法考案⇒実践⇒現状把握⇒対処方法考案、つまり所謂(いわゆる)、改善サイクルを回し続けるのです。

以上は、2千5百年も昔、すでにお釈迦様が見通していたことで、既に皆さまもご存知のことかと思いますが、真理だと思います。問題は、やはり実践でしょうね。判っていてもなかなか出来ない。人間だから仕方ないですね。しかし、その都度、反省し、やり直していくしか道はありません。

現実は認めるしかなく、よって現実を受け入れ、その中だけで改善策を考える、というのは、時には問題ありそうです。例えば、紛争が続くシリアや独裁政権下の北朝鮮に暮らす人が、現体制を受け入れた上で対策を考えるというのでは、答えを探しているうちに殺されかねません。このような場合は、切り捨てて逃げ去るのが最善の場合もあると思います。どうしても折り合いがつかなければ、恋人であろうが、夫婦であろうが、肉親であろうが、祖国であろうが、それを捨てて一からやり直すのです。

しかし・・・こんな調子で能天気な事ばかり言っていると、mhも女房殿から切り捨てられないとも限りませんから、この辺で終わりたいと思います。実は、このブログを書き始める前は、全く別の不確実性への対応方針が頭にあったんです。時代が猫の目の様に変わるのなら、その変化を事前に予測し、もしくは直ちに察知し、素早く身の振り方を切り替える能力を身に付けるべきだ、ってな考えだったんですが・・・どうして、至極ありきたりの結論になってしまったのか。きっとmhには重すぎるテーマだったからでしょう、今更ですが反省してます!次回はもっと楽しいテーマ(愚痴?)を採り上げるようにしましょう。
A Whiter Shade of Pale w/lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=KZQbS16Ui2s
(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する