Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草114: 歴史は繰り返す?

「歴史は繰り返す」という格言は古代ローマの歴史家クルティウス・ルフスQuintus Curtius Rufusの言葉「History repeats itself.」の訳語のようですね。“いつの時代も人間の本質に変わりないため、過去にあったことは、また後の時代にも繰り返して起きるということ”だとネット辞典にありました。
繰り返すといったら、波でしょうか。水面は高くなったかと思うと低くなり、これが繰り返します。
a4399e.png
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%A2#/media/File:Shallow_water_wave.gif
不幸な状態の人には慰めとして、幸福の絶頂で調子に乗り過ぎている人には戒(いまし)めとして「人生には不幸な時もあるが、いつも不幸ということはなく、必ず幸福になれる時が来る。逆にいつまでも幸福であることはなく、いつか不幸が訪れる。」と言うことがありますが、これを「歴史は繰り返す」と言ったら、的外れです。歴史家クルティウスは1世紀のローマ上院議員で“アレキサンダー大王の歴史”の著者のようですから、“戦いや戦争で帝国は興亡を繰り返す”ことを比喩したのは間違いありません。

太平洋戦争の終戦から70年以上経過した今、世界には新たな紛争が散発し、歴史は繰り返しているかのようです。平和ボケしている日本は中国やロシアに攻められて国土を乗っ取られてしまうから、軍備を拡充しなければいけないと声高に主張する人が多くなりました。このような主張をするのは、戦争を体験していない人か、戦争で愛する人を失ったことがない人でしょう。かくいう私は、戦争体験はないし、親族が戦争で死んだということもありませんが、軍備拡張には反対です。

で~、中国が日本に攻め入ったとしても、それを“歴史は繰り返す”と言うのは筋違いです。日中戦争で攻め入ったのは日本ですからね。鎌倉時代まで遡れば、中国(正確には元)は日本に攻めて来たのだから、尖閣に上陸したら歴史は繰り返したと言いう人がいるかもしれませんが、そんなに遡っては時代錯誤が過ぎると言うものです。

昨日(10月18日)、図書館で借りて来たミステリー本を読み終わったmhは、暇を潰そうと、自宅の本棚にずっと眠っていた「ソフィーの世界Sophie’s World」を引っ張り出し、ベッドに寝そべって読み始めました。Simplified Englishで書かれていて、2、3ページ読むと直ぐに眠りに落ちるので、いつまでたっても読み終えることがない本ですが、小アジアAsia Minorからギリシャに移り住んだヘラクリタスHeraclitus(c.540—480 BC)の考えが紹介されていました。

“Everything flows.”・・・すべては流れている。
“我々は同じ川に踏み込むことはできない。2度目に川に踏み込む時、私たちも川も、前と同じではない。”
これは尊敬するお釈迦様の“諸行無常”と同じですね。真理だと思います。

ヘラクリタスは、別の指摘もしています。
「世界は反対の物によって特徴付けられる:病気になったことが無ければ健康とは何か分からないだろう。飢えを知らなければ、満ち足りている喜びに気付かないだろう。戦争がなければ、平和を享受することはないだろう。」
「生まれてこなければ、死なないだろう(mh)」

“世界は反対のものによって特徴付けられる”というヘラクリタスの見解は正しいと思います。戦争を体験した人は、戦争の悲惨さを理解します。しかし、戦争を体験していなければ、その悲惨さを理解できないとは言えません。昔ならいざ知らず、情報化された現代なら、記録本や写真や映画や遺跡を通じて、戦争の恐ろしさを知ることが出来ます。知らない人が多いのも事実ですが、そういう人は知ろうとしたことがない人です。

人間には教育というか、学習というか、知識や事実や真理など、なんでもいいのですが、新たな事を探求する姿勢が重要で、それがあれば、悪い歴史が繰り返すことはないでしょう。

“反対の物”について言えば、学習する精神がなければ、不幸を体験した後に満ち足りたとしても、幸せだと思わないでしょう。歴史が繰り返すように、幸福であっても必ずいつか不幸になるとしたら、いつも幸福でいることは出来ず、繰り返す波に翻弄され続けることになりますが、この悪循環を断ち切る簡単な方法はあると思います。どんな方法か?少し考えるだけでも、いくつも見つかりそうです。どうしたら見つけられるのかというと・・・それはやはり、学習ですね。調べなければ見つけられません。一生懸命調べればいくつも見つかると思います。その中から、年齢や過去の体験に応じて自分に合った方法を実践すればよいと思います。

で~mhがそれを見つけたかどうかですが・・・
いくつか見つけました。問題は実行にあります!実行できる時もあれば、そうでない時もあったりして、反省してはやり直す毎日です。こんな頼りない自分を思うにつけ、真理を見極め、それを貫徹したお釈迦様は、やっぱ立派な人だったんだなぁと、改めて感心させられます。

The Rose - by Bette Midler
https://www.youtube.com/watch?v=zxSTzSEiZ2c
(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する