Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草(特番)小池都知事と森会長


「小池知事に感情ムキ出し 森会長「五輪4者会合」での醜態」
2016年11月30日
「つくづく、時間とカネの無駄遣いである。29日、東京・お台場のホテルで開かれた、2020年東京五輪の開催費削減などを協議する国際オリンピック委員会(IOC)、東京都、大会組織委員会、政府の4者会合。都はボートとカヌー・スプリントは「海の森水上競技場」を、水泳は「アクアティクスセンター」をそれぞれ予定通り新設する方針を提案。一方、バレーボール会場は「有明アリーナ」を新設するか、既存施設の「横浜アリーナ」を活用するかについて、クリスマスの時期まで結論を先送りすることになった。

当初は一部非公開の予定だったが、小池百合子都知事(64)の意向で急きょ、完全公開となった会合。詰め掛けた大勢の報道陣に“醜態”をさらしたのが、組織委会長の森喜朗元首相(79)だ。

都が検討している「横浜アリーナ」案に対し、冒頭からケンカ腰。「横浜は合意しているんですか。僕の知り得る情報では、横浜の方が迷惑していると聞いている」と小池知事にカミつき、「(迷惑しているのは)なぜかというと、横浜は(IOCで)『野球』が内定している。これで手いっぱい」などとまくし立てたのだ。
a4499d.png
「横浜市は『お決めいただいたら、ぜひ、やりたい』と言っていただいた」と答えた小池知事の反論にも耳を傾けず、最後まで「くどいようですが横浜はOKしてくれる? 受け入れてくれると知事は判断している?」とネチネチ迫っていた。

さらに森会長は五輪の運営経費について、都が「3兆円」とはじいていることも不満タラタラ。「高いと思ったら(都が)削ればいいんです。あたかも3兆円より上に予想されていることばかり国民の皆さんに言われると甚だ迷惑なんですよ」と逆切れする始末だった。

幼稚園児じゃあるまいし、仮にも首相だった男が感情ムキ出しで女性知事に怒声を上げる姿を目の当たりにしたIOCのコーツ副会長も唖然呆然。落ち着かない様子で、両手の指先でペンをクルクル回しながら森会長を凝視していた。

ちなみに森会長が「迷惑している」と“代弁”した横浜市の林文子市長(70)は29日夕方の会見で、「そういうことはございません。横浜市としては横浜市でやりたいということであれば承ります」と全否定。森会長の勝手な“思い込み”だったことがハッキリした。一体、国民・都民はいつまでこの“老害”に振り回されるのか。スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏はこう言う。

「東京五輪は安倍政権にとって『アベノミクス第4の矢』の国家プロジェクト。その旗振り役を中心で務めたのが森氏です。国家プロジェクトだから運営費は二の次。それが今の莫大に膨らんだ経費につながった。その“戦犯”の森氏が今になって経費削減の会合に出席するのもデタラメですが、自分や組織委が否定されるようで嫌なのでしょう。メディア受け狙いがアリアリの小池知事の手法も許せないと思っているから、余計に感情的になるのだと思います」

いつまでも茶番劇を見せられる国民・都民はタマったもんじゃない。」

ブログの読者も似た感想をお持ちのことでしょう。

で~その翌日だったと思いますが、あるTV局が横浜市長に訊いたんですね「横浜アリーナを使う件について東京都から問合せがあったんですか?」って。市長の答えは「問い合わせがあったとは聞いていません」です!市長の答えから考えると、森会長も全くのガセネタで、横浜市は迷惑しているって言ったんじゃあないと思いますね。東京都から正式な打診もないまま、小池都知事やマスコミが騒いているので、横浜市は迷惑しているって言った人がいるんじゃあないかとmhは思います。それを小耳にはさんだ森会長は、それみたことかって思い、小池氏に嫌味を言ったんでしょう。mhもそのニュースを見ていましたが、本当に余計なことばかりいう人だなあって思いました。

mhは常々、森喜朗氏と小池百合子氏のお二方とも人間的には信用ならないと思っています。彼らに任せて置いたら支離滅裂な展開が続き、時間と費用の無駄どころか、庶民の期待とは別の結論に行き着いてしまうでしょう。その結果は相手が悪いからだとして、2人が責任を取ることはありません。

このまま2人を放置していたら、大損害を被ることは必定です。それを回避する義務は、2人に振り回されているであろう都庁関係者やIOC関係者にあると思います。救いようのない2人ですが、だからといって関係者が傍観していることは許されません。親分は無視して、子分たちは自らの責任を果たしてほしいと思います。

アメリカのトランプ氏といい、フィリピンのドゥテルテ大統領といい、もうちょっとましな人はいるだろうに、と思われる人々がリーダになって、うまくいくのかしらと他国の心配をしていられる状況にはありません。日本も負けず劣らず、政治家の独善に翻弄されつつあります。一体全体、政治家って人間はどうして、尊敬できない人ばかりなんでしょう。そういう人を選んだのは我々ですから、詰まる所、我々自身が尊敬に当たらない人間に成り下がってしまったということなのでしょうか。

しかし・・・尊敬されないまでも、大勢から嫌われる人にはなりたくありません!

Kitaro – Caravansary
https://www.youtube.com/watch?v=RQS9_ZN5k_c
(完)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する