Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草(特番) 結局は安倍首相が問題?


今日は12月28日。ネットに日本と韓国、日本とアメリカ、に関するニュースがありました。

まず韓国ですが、実は1年前の12月28日、日韓外相会談があり、慰安婦問題は“最終的かつ不可逆的”な解決をみたはずでした。しかし、mhも酷評したように、火種はくすぶり続けています。慰安婦像もこの1年で数が増えたとのネット記事もありました。

昨年の“最終的かつ不可逆的”解決に至ったという日韓外相会談について外務省ホームページに記事がありますのでご紹介しておきましょう。

「日韓外相会談」
12月28日午後2時から3時20分頃まで,岸田文雄外務大臣は,尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官と日韓外相会談を行い,直後の共同記者発表(日本語/英語/韓国語(PDF)別ウィンドウで開く)において,慰安婦問題について以下のとおり発表した。
(1)岸田外務大臣による発表は,以下のとおり。
日韓間の慰安婦問題については,これまで,両国局長協議等において,集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき,日本政府として,以下を申し述べる。
ア)慰安婦問題は,当時の軍の関与の下に,多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり,かかる観点から,日本政府は責任を痛感している。安倍内閣総理大臣は,日本国の内閣総理大臣として改めて,慰安婦として数多の苦痛を経験され,心身にわたり癒しがたい傷を負われた全ての方々に対し,心からおわびと反省の気持ちを表明する。
イ)日本政府は,これまでも本問題に真摯に取り組んできたところ,その経験に立って,今般,日本政府の予算により,全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には,韓国政府が,元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し,これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し,日韓両政府が協力し,全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。
ウ)日本政府は上記を表明するとともに,上記(イ)の措置を着実に実施するとの前提で,今回の発表により,この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。あわせて,日本政府は,韓国政府と共に,今後,国連等国際社会において,本問題について互いに非難・批判することは控える。
(2)尹外交部長官による発表は,以下のとおり。
(省略します。日本外相発表に準じたものです。当然ですが、慰安婦像については何も言っていません。)

で~1年後の今日、ソウルの日本大使館前の慰安婦像は相変わらず残ったままですが、釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像を据え付ける動きがあったんですね。
「釜山の日本総領事館前に“少女像”区当局が強制撤去」
朝日新聞デジタル 12/28(水)
韓国・釜山市の大学生や市民団体が28日、日本総領事館前の歩道に旧日本軍の慰安婦を象徴する「少女像」を設置した。歩道を管理する釜山市東区は設置を許可していなかったことから、強制的に撤去し、区役所に運び込んだ。現場は区当局や警察当局とにらみ合いが続き、騒然とした。
釜山の大学生らは日韓合意に反対の意思を示そうと日本総領事館前に少女像の設置する運動を進めてきた。費用は募金で集め、少女像も製作。当初は31日に設置し、除幕式を開く計画だったが、慰安婦問題の日韓合意から1年を迎えた28日に設置を強行した。
警察当局によると、市民団体のメンバーらは少女像を取り囲むように座り込むなどして抵抗していたが、区当局側に排除された。この騒動で市民団体のメンバーら13人が公務執行妨害の疑いで警察当局に連行されたという。

以上は日本メディア発信のニュースですが、韓国メディア“聯合ニュース”でも慰安婦像を巡る韓国内の軋轢(あつれき)が紹介されていました。それによれば、釜山以外でも問題が起きていたようですね。
「西部の忠清南道舒川郡でも、自治体と地元団体が少女像の設置場所をめぐり対立している。市民の参加で製作された少女像は公共施設が集まる場所にある広場への設置が認められず、この広場の一角に一時的に置かれている。
昨年12月に除幕した南部・済州島の少女像も、設置を推進した団体は日本総領事館前に置くことを計画していたが、済州市が外交問題などを理由に許可しなかったことから、結局は公園に設置された。」

これらのニュースを見ると、日韓の密約(?)を守り、韓国政府は慰安婦像の増設を公的には認めていないようです。約束したのでしょうから、守るのは外交上の義務で、当然ではありますが、朴大統領の弾劾が行われようとしている状況下で韓国政府は頑張っていると言ってもよいでしょう。

しかし、日韓の合意に納得しない一部の慰安婦もいて、彼女(たち?)は日本政府を相手に訴訟を起こすことにしたようです。
「慰安婦合意1年、元慰安婦が日本を相手取り追加訴訟に」
中央日報日本語版 12/28(水)

一体全体、韓国民は、元慰安婦は、日韓の政府間合意をどうして蔑(ないがし)ろにするのでしょう?

話は変わって~日米に目を向けると、安倍首相はホノルルに行ったんですね。そこで“不戦の誓い”らしきものを述べていますが、その評価がネットにありました。
「歴史的」「アジアが先」時事通信 12/28(水)
=真珠湾訪問、評価二分―各地の戦争資料館長=
安倍晋三首相が28日(日本時間)、犠牲者を慰霊し、二度と戦争を繰り返さない決意を表明した真珠湾訪問。日本にある戦争や平和関連の資料館館長らからは「歴史的に(意義が)大きい」との評価の一方、「謙虚さが足りない」など批判的な声も上がった。
広島県の呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)館長の戸高一成さん(68)は「両国の責任者が、直接真珠湾で慰霊したことに意味があり、非常に良かった」と評価する。首相が謝罪しなかった点も「戦争はどちらかが一方的に悪いわけではない。謝罪ではなく反省するもの」と指摘。両首脳の未来や次世代に向けた演説を含め、今回の訪問を「歴史的に大きい一つのアピールになった」と称賛した。
一方、東京大空襲・戦災資料センター館長で作家の早乙女勝元さん(84)は、演説で強調された同盟関係について「純粋な平和同盟ではなく軍事同盟だ」と懸念。沖縄県で再開された普天間飛行場の移設工事に触れ、「『和解』や『寛容』という言葉が空虚に聞こえる。日本が侵略と植民地支配を繰り広げた中国や朝鮮半島への謝罪が先ではないか」と疑問を呈した。
長野県上田市の無言館(戦没画学生慰霊美術館)館主の窪島誠一郎さん(75)も「『謝罪なき和解』というセレモニーを、日米共同で制作した感じ」と手厳しい。首相の演説を「謝罪を避けるという根本的な無理が、言葉の弱さにつながっている」と批判。同盟関係を強調した点についても、「アメリカのためなら戦争しかねない。大戦(という過ち)を犯したという謙虚な姿勢が足りない」と不快感を示した。

慰安婦に関する韓国の動き、ホノルルでの安倍表明に対する日本国内の評価、を見ると、どうも、多くの人が得心していないんですねぇ。

原因は、安倍首相の本心にあるとmhは思います。どんなきれいごとを言っても、本心は違うんだろう?って多くの人が感じているんですね。

それには、お釈迦様が仰るように、因果応報で、根拠があります。例えば、慰安婦問題では、当初、安倍首相は日本の非を認めた河野談話を認めていませんでした。最近は認めると言っていますが、慰安婦や韓国から謝罪の言葉を求められても“言う必要がない”という態度ですから、本当は認めていないんじゃあないの?って思われるんですね。

また、“不戦の誓い”が空々しく響くのは、日本国憲法を変えようという動きや、スーダンやその他の紛争地域への派兵や、武器輸出、はたまた国連における核根絶条約への反対投票などの中に、安倍首相の思惑を見ているからです。確かに、現状で防衛力をゼロにするのは問題あると思いますが、戦力を増強し、海外派兵を進め、武器輸出も行う人物が“不戦の誓い”をしたところで、それを真に受ける人がいなくても当然でしょう。

実は、今日、“力の本の不思議”というYoutubeフィルムの紹介ブログを投稿したばかりです。4月24日公開されますのでお楽しみに。で、このフィルムにはナチス・ドイツを率いたアドルフ・ヒトラーと、その部下ハインリッヒ・ヒムラーが登場するんですね。独裁者、ファシスト、です。彼らに反論するなんて怖くてできません。今の自民党では、安倍首相の言動を非難する国会議員はいませんが、それは、安倍内閣がナチス・ドイツや戦前の東条内閣と同じ性格を帯びてきたからだと思います。総裁任期も伸ばしました。ひょっとすると、任期規定を廃止し、党員の賛同が得られるなら死ぬまで総裁でいられるって規則を作るかも知れません、キューバや北朝鮮やアフリカの独裁政権などと同じように。

独裁者が最も重視することは、死ぬまで権力を維持することです。それが独裁者たる所以(ゆえん)です。もし、日本が独裁国家になるとしたら、日本帝国が復活して皇帝天皇が独裁者になり、皇族が権力を継承していくことが考えられますが、この可能性は低いでしょう。むしろ、安倍首相が終生総督となり、子供はいないようですから、佐藤栄作家系か岸信介家系の長老が安倍終生総督を継承するケースが考えられます。そうなれば、ネットのブログ記事は愛国心を鼓舞するもの以外は全て排除され、現在の中国のように、総督礼賛と対立国誹謗だけが飛び交う、無機質な世界になるのです。このブログも検閲にかかり、公開されることはありません。

たった今、東京都議会の自民党議員3名が自民党を離脱するというTVニュースが流れました。離脱理由は“自由闊達な議論をして都民の立場で活動するため”とのこと!自民党員は国会だけでなく、都議会でも独裁体制が徹底し、自由にモノが言えないようですね。安倍首相の力がこんなところにまで及んでいるとは思ってもいませんでしたが、ここまできているとなると、安倍首相だけではなく、彼を取り巻く長老たちも、権力を維持したいと考えて、あちらこちらに手を回しているとしか思えません。
追記:
12月29日のネットニュースで自民党都議会議員の記者会見に関するニュースがありました。
これによれば、自民党員のまま、自民党会派を離脱するんですねぇ。映像ニュースを見ると、自民党を愛しているっていってますが、一体全体、何を考えているのか、mhには判りません。ま、我田引水の意見を言わせて頂けば、自由闊達にモノをいえる雰囲気にない、というのは間違いないと思います。
気になる方はご自身で次のURLでご確認下さい。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161228/k10010822871000.html

Daydream Believer- The Monkees
https://www.youtube.com/watch?v=T-2Z08mp7n8
(完)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する