Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草128:進退伺の意味?


ネットで見つかる進退伺書の雛形(ひながた)を自民党員だった小池百合子氏にあてはめると次のようになります。

自由民主党幹事長(自由民主党都連会長?)殿
平成28年○月○日
自由民主党
小池百合子
「党進退伺」
平成28年Ο月Ο日、都知事選に立候補することに致しました。この行為は自民党都連の方針に反したものであり、不祥事と非難されても仕方ないものです。
<辞表を添付しない場合>
この度の不始末は、全て党員である小池に原因があるのは明白であり、 その責任を負いたいと存じますので、進退についての指示を賜りたくお願い申し上げます。
<辞表を添付する場合>
つきましては、いかなる処分であれ、謹んで服する覚悟でございますので、 ここに自民党脱退届を添えて、今後の進退についてのご決裁をお待ち申し上げます。

で~小池都知事は今も自民党員なのか?

見出:宙に浮く小池百合子都知事の「自民党進退伺」 下村博文都連会長は「引き継ぎない」「小池さん本人が判断」
産経ニュース2017.1.12 22:36更新
x002.png
「東京都の小池百合子知事が昨年の都知事選出馬にあたり、自民党に提出した「進退伺」をめぐり、今夏の都議選を控える中で腹の探り合いが続いている。同党都連の下村博文会長は12日、報道陣に「(石原伸晃)前会長から引き継がれていない。党本部を含め(進退伺に)対処するつもりはない。(離党は)小池さん本人が判断すること」と述べるにとどめた。一方の小池氏も「首を切る切らないは、あちら(自民党)の問題」などと出方をうかがっている。
 都議選をめぐって小池氏は現在、主宰する政治塾「希望の塾」などから30人超の候補者擁立を目指しているほか、公明、民進両党との関係を深めている。さらに勝敗ラインを「(支持勢力で)過半数を目指すのは当たり前」と語るなど、最大会派自民への攻勢を強めている。
 また、小池氏は出演したテレビ朝日の番組で平成29年分の自民党費について「払っていない」などと述べ、期限だった28年末までに支払っていないことを明らかにした。
 党規則では原則、未納確定時点で除名となるため、自民関係者からは「これも都議選に向けた小池流の揺さぶりだろう」との指摘が出ている。」

恐らく、小池女史は自民党脱退伺に辞表は添付していないでしょう。つまり、自民党を脱退するつもりはありませんが、もし脱退せよということなら脱退いたします、という立場だと思われます。
そして自民党規則によれば28年12月中に党費未納が確定すれば除名で、小池女史は未納だって言ってますから、現時点(1月14日)では自民党員であってはいけないはずです。

しかし、自民党は、進退伺を受理していないのでコメントしようがない、というんですねぇ。

自民党都連会長だった石原氏の意向に反して、勝手に都知事選に立候補し、自民党推薦の候補を破って当選した小池女史に対し、自民党や自民党都連から何のお咎(とが)めも無く、進退伺は引き継がれていないので対応しようがないなどと、今の都連会長の下村氏は、寝ぼけたことを言っています。

しかし・・・
TVニュースショーに出てくる政治専門家によると、これが二人の大人の対応だといいます。簡単に言えば、お互いに本音は解っているけど、白黒つけるなんて子供じみた馬鹿なことはしないようにしましょうね、っていうことのようですねぇ。

で~本音とは何かと言うと、小池女史と自民党の損得の都合です。政治家持前の狡(ずる)さを、二人は、白昼堂々とさらけだしているんですね。

小池氏は自民党を脱退しろと言うなら脱退しますが、私から脱退するとは言いませんよ、って言ってるんです。
片や下村都連会長は、進退伺を引き継いでいないから対応しようがない、って言っていますが、それは白々しい嘘でしかありません。引き継いで知っているけれど、自民党の脱退は、まだ認めていませんよ、って言ってるんですね。つまり、小池女史の思うようにはさせない、ってことです。

いずれにしても、小池女史は進退伺を出し、離党でいいですよ、と言っているのに、自民党は離党を認めていなくて、小池女史も離党するとは言ってない。そして、これが大人の対応だっていうんですね、政治専門家は!

単純なmhに言わせれば、小池女史も下村氏も、政治専門家も、結局は政治屋で、狐とタヌキ。信用できる人間ではありません。

考えてもごらんなさい。自民党を離党してからすべきことをしておきながら、自民党のまま居座わろうという小池女史も、居座らせるつもりはないが、暫くは、飼い殺ししておこうと考える自民党も、眼中にあるのは自分の利益だけです。都政や国政など二の次です。

こんな、ご都合主義が大人の対応だとすれば、日本の政界は腐っているとしか言いようがありません。トランプ次期大統領は暴言を吐いていますが、自分に正直です。アメリカ国民は、大人の対応をする政治家にはうんざりしていたので、問題があるのを承知で正直なトランプ氏を選んだんですね。

それにしても・・・
政治家って、なんでこんな嫌な人ばかりなのでしょうか?それは、恐らく、当選回数が多くて大人の経験を積み重ねた高齢政治家が政界を牛耳っていて、若手政治家をも操っているからです。若手政治家も、数年すれば高齢政治家の考えに染まり、国政よりも次の選挙での当選だけを考える人間に成り下がっていきます。

この悪循環を断ち切るには、高齢政治家を国会から締め出すしかないのですが、日本人の多くは、どういう訳か、お釈迦様が仰るように理由はあるはずで、類は友を呼ぶからなのでしょうか、ずる賢い政治家が好きなんですね。その上、日本は高齢化してきて、若い人と異なる評価基準で投票する老人が増えている上、馬鹿らしいからって考えて投票しない若者が増えています。となると、今回の進退伺のような、訳の分からないことが、ますます増えていくのです。そうして、政界は、狡(ずる)い人たちの世界となり、それが世襲され、狡い人たちの家系が税金で私腹を肥やす場所になるのです。

この風潮を変える方法の一つは、戦争で負けることでしょう。特に島国の日本は自浄作用が働かないので、太平洋戦争で負けて日本軍国主義が挫折したように、中国やロシア、米国などなどの他国から、軍事的または経済的、または食料や地下資源などの供給断絶で国全体が打ちのめされるまで政界は腐り続けていくばかりです。

私などは、どう頑張っても、あと30年位しか生きていないので、その間だけよければ、後のことなど心配する必要はないし、心配したからと言ってどうなるものでもないのですが、私の子供や孫が苦労したり虐(しいた)げられたりする世が来るのを看過することは出来ません。

で~mhに出来ることと言えば・・・
選挙では青雲の志をもつ若手に投票することですね。足腰がしっかりしているうちは、投票所に出向き、一番若い人に投票しようかなって思っています。70歳を過ぎたら、投票所に行って、一番若い候補者に投票する!そうそう、70過ぎたら自動車運転免許証の返納もお忘れなく。私は6月に70ですが、この2月に返納するつもりです、女房殿と一緒に。

追記:
小池女史の進退伺を巡る対応について、マスコミは小池氏も自民党も批判していません。マスコミは小池女史にべったりで、ならば彼女の行動を否定する自民党をもっと批判しても好いと思いますが、しないんですね。昨日(1月14日)トランプ次期大統領の初めての記者会見があり、4、5年前、トランプ氏がロシアを訪問した際、バラク・オバマ大統領が宿泊したこともある部屋に宿泊し、女性を連れ込んでいた証拠をロシアの秘密警察(旧KGB)が握っているとの噂があり、これを取り上げたCNNなどのマスコミには質問させないという場面がTVで流されました。日本のマスコミも自民党批判は徐々に薄れ、小池女史にべったりで、日本国民が真実を知らされるチャンスは減る方向にシフトしているのではないかと感じます。情報統制が強くなれば、国家の独裁制が強くなることを意味します。日本が、ロシアや中国や北朝鮮のような国になることは独裁者になりたいと思う人を除けば誰も望んでいないと思いますが、トランプ氏のような独裁者の資質を持った人物が、かつては自由の象徴だったアメリカ合衆国の大統領になるのですから、日本だって独裁政権が生まれる可能性は大いにあります。既に生まれていると言ってもいいのかも知れません。何度も言いましたが、政府が独裁化すれば、向かう方向は他国との対立で、その結末が悲惨であることは歴史が証明しています。日本のマスコミも毅然と、公正に、対応してほしいと思います。

Lobo - I'd love you to want me
https://www.youtube.com/watch?v=rUCX9EddXj8

(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する