Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草: お金は貯めるべきか?


今日5月1日の朝日新聞朝刊2面に「苦悩する韓国」の見出しで
就職難:公務員一般職国家試験倍率46倍
受験熱:家庭教師代、月30万円
高齢化:6割が無年金、貧困深刻
の3項目を挙げて近況が紹介されていました。

韓国の賃金格差は大企業と中小企業で2倍以上あるため、大企業か公務員を第一志望とする人が多く、大学受験にも熱が入るようです。高齢化が日本より急速に進む一方で、年金制度が始まって30年しか経っていないことから、高齢者の6割は年金受給資格がなく、老後も就労を望む人が多いのですが、雇用率は低く、生活苦で自殺する高齢者の割合はOECD加盟国中トップで、10万人当たり毎年55.5人が自殺していると記されていました。日本(人口1億2千万人)に当て嵌めると年間7万人弱、1日当たり180人の高齢者が自殺している勘定になり、ちょっと信じられない数です。

念のため日本の自殺者数をネットで調べてみたのですが、自殺の判定基準が曖昧(あいまい)というのも妙なんですが、その数は不透明です。しかし、どのデータを見ても韓国よりは少なそうですね。
Wiki:国の自殺率順リスト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E8%87%AA%E6%AE%BA%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88

年金を受け取ることが出来ない高齢者が6割いるなら、生活苦から死を選ぶ高齢者は多いというのは納得できます。日本では国民制度への加入は国民の義務ですから、ほとんどの人が若い時分から積立てていて、年金を受け取れない高齢者は1割以下だと思いますが、それでも時々、老人の餓死がニュースになっていますから、日本人の老後は安泰!と言う程ではありません。そこで、稼げるうちにお金を稼いで貯金しておこうと考える人が多いわけですが・・・

老後資金についてネットで調べると、一人3千万円が必要のようです。余裕を持って暮らしたければ1億円との見解もありました。もし、子供が2人いて、二人にも老後のお金を残してやろうかなどと考えたら、一人3千万円必要ですから、高齢者夫婦は自分たちも含め、2億6千万円の貯蓄が必要ってことになります。そんな大金もっていないよ、って仰られる方は多いでしょうが、それくらいならある、って方もいらっしゃるでしょう。

いずれにしても、近くない、恐らく10年以上は先の将来のためにお金を貯めておこうと考えられる方は多いのではないかと思いますが~そのお金をどんな形で貯めておくと好いでしょうか?

円で貯める。
外貨でためる。
株式で貯める。
不動産で貯める。
金・ダイヤモンドで貯める。

先はどうなるか判らないから、円と、外貨と、株式と、不動産と、金・ダイヤモンドを、ある比率で織り交ぜて貯めるという選択肢もあります。

mhはっていいますと、円と外貨を7対3位の比率で持ってはいますが~
思ったんですが~お金を貯めようと考えるのは、止めた方がいいかと。
お金は使うためにあるんだから、有効に使う事を考えた方が好いんじゃあなかろうか。

とmhが言うと思った方は不正解です。

じゃあ、何が好いんだ?と仰られるでしょうが~

上手く答えられないんですが~
お金を貯めようと考えない方が好いんじゃあないかと思うんですね。

幸せな人生を送るために必要な物を1つ挙げよ、と言われたら、あなたはお金を挙げますか?

そうじゃあないでしょう。前にもブログに書かせて頂きましたが、1つだけ挙げるとしたら、それは“あなたのことを思ってくれる人、幸せや不幸を分かち合える人”だと思います。1人でなく、その数は多い程、好いのは勿論のことです。
そしてもう一つ、大切な事を挙げるとしても、それはお金じゃあありません。健康です。良き友、良き仲間、良き家族、そして、その上に健康さえあれば、貯金のことなど考える必要はないんですね。この考えは、なにもmhに限ったことではなく、多くの人が同じ思いでいるようです。お金じゃあありません。人生の友と健康。これがポイントです。

韓国人も、良き隣人を持つように振る舞えばいいと思うんですが、北朝鮮や、中国と仲が良いようではないし、だからといって日本と仲良くしようと思う政治家は少ないようですから、気の毒な国民だと思います。日本は、トランプ大統領には問題が多くても、アメリカとは仲良くしようと努めています。韓国や中国とも友人になればもっと住みやすい国になるはずですが、今の日本にそんな動きがないのは残念です。

モルダウ「わが祖国」より;指揮カラヤン
https://www.youtube.com/watch?v=2Sp4JyDNNr8
『わが祖国』は、ベドルジハ・スメタナの代表的な作品で6つの交響詩からなる連作交響詩。第二曲がチェコスロバキアの首都プラハを流れる川“ヴルタヴァVltava(独語/英語Die/The Moldau)”で、日本では“スメタナのモルダウ”で知られています。ヴルタヴァ川はプラハから北に流れ出ると、ドイツ平原でラベ川に合流して北海に注ぎます。
(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する