Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草:イランがシリアにミサイル攻撃?

昨日の6月18日、現地時間の夜、イランがシリアをミサイル攻撃しました。
AFP通信によれば次の通りです。
<イランがシリアにミサイル攻撃:テヘラン襲撃への報復>
【6月19日 AFP】イランの革命防衛隊は18日、シリア北東部デリゾール県に向けて複数のミサイルを撃ち込んだ。首都テヘランで今月7日に起き、17人が死亡した襲撃に対する報復としている。この襲撃ではシリアなどで活動するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出していた。地元メディアによると、イランが国外でミサイル攻撃を実施したのは1980~88年のイラン・イラク戦争以来30年ぶり。
イランの最高指導者アリ・ハメネイ師はこれに先立ち自身のウェブサイトに掲載した声明で、シリアとイラクで殺害された人を含む犠牲者の家族の名誉のため、イランは「敵に懲罰を与える」と言明していた。
革命防衛隊の声明によれば、中距離ミサイルがイラン西部のケルマンシャー、コルデスターン両州から発射され、国境を越えてシリア北東部デリゾール県の「テロ拠点」に撃ち込まれた。「多数のテロリストを殺害し、武器を破壊した」としている。
地元テレビ局は、複数のミサイルが夜間に空に向けて発射される様子を放送した。
テヘランでは7日、銃で武装した男や自爆犯らが国会議事堂と故ルホラ・ホメイニ師の墓廟を襲撃した。
x023.png
イラン国営テレビが公開した、イラン西部からイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がシリアに持つ拠点に向けて革命防衛隊が発射したとされるミサイル。(2017年6月18日公開)。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170619-00010004-afpbbnewsv-int

シリアというイスラム国家(イスラム系87%キリスト系12%)で暗躍するイスラム教徒の造反分子ISISを、イスラム国家のイラン(イスラム系99%)が、イスラム国家のイラク(イスラム系99%)の上空を横切って飛ぶミサイルで攻撃したということで、仏教国家(神道国家?)の日本で暮らす無神論者のmhには全く関係ない“対岸の火事”ですが・・・

イランは北朝鮮からミサイル技術を入手し、自国で改良しながら、並行して核開発も進めています。核爆弾の小型化は、近い将来、北朝鮮やイランで実現する可能性がありますから、次は核ミサイルが使われることになるのでしょう。

mhはインドネシアに駐在した経験があります。キリスト教徒10%の穏健なイスラム国家(イスラム系87%)ですが、現地でイスラム教を非難する言動をとらぬよう、強く助言されました。ビールを飲みながら現地人従業員と歓談していて、“イスラム教って、改宗すると死刑っていうのは、穏やかじゃあないよね”ってなことを言うと、どんな災難が降り懸かって来るか判らないんですね。
【Wiki:イスラム教の棄教】
イスラム法上では、棄教者は原則として死刑とされている。ただしハナフィー派とシーア派では女性の棄教者は死刑ではなく終身禁固に処するべきという意見が主流である。

エジプト、モロッコ、トルコ、イラン、ウスべキスタン、パキスタンなどなど、イスラム国家に旅行する機会があったら、現地では絶対に、イスラム教の悪口を言わぬよう、お気を付けください。彼らが信仰している神に対する侮辱ですから、大きな罰を受けるかも知れません。

で~イランにミサイル技術供与をしたと言われている北朝鮮ですが、韓国もそうですが、日本は朝鮮人の祖国を我が物顔に私物化し、搾取した実績を持つ国ですから、報復する権利はある、ということで、核の弾頭化が成功すれば、いつでも日本に核ミサイルを打ち込んでくる可能性があります。事実、金正恩は“日本は火の海となるだろう”とTVニュースで公言していましたから、笑って無視していられる状態じゃあなくなりました。

自国が攻撃されない限り、他国を攻撃しないという原則はどの国も同じだと思いますが、例えば我が国の場合、日本人のISISメンバーが生まれて、その人物がロシアでテロを起こしたら、日本はロシアから攻撃される可能性もあるし、イラクで日本の自衛隊がアメリカ軍と一緒にISISの兵士を殺害したら、イランなどのイスラム国家から攻撃される可能性もあるし、北朝鮮からは、今日だって攻撃される可能性があります。例え、国連で、加盟国すべてが、先制攻撃をしない条約に賛同したとしても(あり得ませんが、例え話です)、攻撃する側には、いつだって、独自の、正当な理由があって、どんな条約も先制攻撃を止めることは出来ません。日本国憲法ですら、日本政府にないがしろにされている状態ですから、ましてや他国が国際条約を無視することなど、当然、起こり得ることです。

で~他国からのミサイル攻撃を回避する方法ですが~
日本が核武装し、核ミサイルを世界中のどこにでも打ち込める力を付けて威圧し、他国からの攻撃を抑制することじゃあないでしょう。北朝鮮を何十回も壊滅できるミサイルと核兵器を持つアメリカでさえ、北朝鮮の核攻撃対象国なんですからね。

じゃあ、どんな方法があるかっていうんですか?

我が尊敬するお釈迦様にお伺いを立てたいところですが・・・
mhが思うに・・・
日本が他国から攻撃されないためには、世界から武器弾薬を減らすことを世界の国々と共に進めていくしかありません!つまり核兵器を世界からなくすことです。

しかし・・・
日本は中国や北朝鮮に歩調を合わせて軍拡しているんですね。軍拡は世界中で進んでいて、トランプ氏は核の増強を図るってなことを言っているし、困ったものです。やっぱ、人類は破滅に向かって進み続けているのでしょう。
“いかなる生物も他の生物によって絶滅しなければ、自滅によって絶滅する”ってな生物絶滅則がmhによって定義されるようでは、ダーウィンは何を研究していたんだ!ってことになっちゃいますね。

で~人類が破滅に向かって進んでいるのを止められないとするなら、我々が採るべき対策はなんでしょうか?

自分のことは自分で守る!ってなことになります。

そういえば、日本でシェルターが市販されているという話を聞いた気がしたのでネットで確認すると・・・
見つかりました!
x024.png
“資産運用の前にシェルターを!”ってなキャッチコピーのTVコマーシャルが流れる日も遠い将来ではありません。で、シェルターで命を長らえたとして、ほとぼりが冷めた頃に外に出るとどんな光景が広がっているんでしょうかねぇ。その時は、宇宙服みたいなものを身に付けていなきゃあいけないでしょうから、外出するのも大変です。

CCR-Have You Ever Seen The Rain? Lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=xDGuyGPJ_JE

(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する