FC2ブログ

Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草: どこで暮らせば幸せな老後を送れるか?


(9月29日)
今日のニュースによれば、東京への人口一極集中を止めるため、都内23区での大学生数はこれ以上の増加を認めない、という法令を考えているようですね。
【政府は22日、地方創生の国の施策を示す「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の改訂版を閣議決定した。歯止めがかからない人口の東京一極集中を是正するため、大学の都内への新設抑制や地方移転を進める対策を来年夏までに検討する方針を明記。ビッグデータで地域をけん引する産業を発掘し財政支援する事業など、地方の所得を増やす施策も重点的に盛った。】

大学関係者や進学を目指している高校生は反対のようです。選択の自由、校風の自由が制約され、学びたいことを学べる機会が減ると考えているようです。小池都知事じゃあありませんが、日本の大学の質は、世界との比較で低下しているようで、田舎再生も果たせないまま、国力が衰退していく恐れがあると見る人も多いようです。その一方で、地方の大学は、定員割れが改善し、活性化すると期待感を示すところもありました。

この政策が本当に地方再生に役立つかですが、多くの人は、その期待は薄く、弊害の方が多いと感じるのではないでしょうか。そもそも、単純なmhに言わせると、都会に若者が移住するのを制約するってな政策を自由主義社会で行うこと自体が間違いです。こんな発想の政府は、その内、70歳以上の老人で、田舎で集団生活する老人ホームに入らない人には年金を支給しない、って法律も造るんじゃあないかという恐れすら生まれます。

中国共産党の政策によれば、都市戸籍と農村戸籍があり、人々の自由な移住を制約しています。ネットで確認すると、2016年10月前後の記事に、二区分してきたこれまでの戸籍制度を見直し、自由に移住できる方向に修正する動きが出てきて、国民は期待感を高めているとありました。1年近く経過した今、見直されたとの話は聞いた気がしませんから、検討中か中断されているのではないかと思います。

しかし、中国ですら、人々の自由な移動を認める方向にあるというのに、日本ではこれを規制して、田舎者は田舎を離れずに暮らせって言い出す現政権は、日本の共産主義化と言うべきか、独裁政権化というべきか、いずれにしても受け入れがたい時代錯誤的な体質があり、自由な社会を望むmhとしては、10月末の選挙で、自民党が敗退していることを望むばかりです。

で~今回のブログのテーマに戻って~
何処で暮らせば幸せな老後を送れるか、ですが~
かつて、mhは、老後は買い物や病院などの便がよい都会で暮らすしかない!ってな意見をご披露させて頂きました。都会で暮らす便利さは特に老人には大きなメリットがあることは間違いありません。

でも、ふと思ったんです。
本当にそうなんだろうかって。

mhが中学生の頃、夜、ローカル線の電車に乗って一人で家に戻ることがあり、窓から外をボケっと眺めていると、遠く、星明りの空を戴いた山の影の中に、ポツンと1つ、2つ、3つと、灯が見える場所を通過していた時、考えたことですが・・・
あの灯の下で、どんな人たちが暮らしているのだろうか?なんで、あんな山の中で暮らしているんだろうか?って不思議に思いました。当時、自家用車を持っている人は特に田舎では少なかったので、電車の駅から離れた山の中で、何をして生計を立てているのか、子供たちはどんな手段で学校に通っているのか、って不思議に思ったんです。

この疑問は結局、明確な答えを得ぬまま今に到り、今も、海外旅行をした時、こんな山奥で、こんな砂漠の中で、何故、って思うこともありますが、それでも、なんとなく思うのは、人間は、どんな場所でも暮らしていけるんじゃあないんだろうか、ってことです。どんな人が何をして暮らしているのかは、そこで暮らしたことがないmhには判らなくても、何かをして立派に暮らしているんだと思います。

で~急に疑問に思ったんです。年を取ったら都会で暮らした方が幸せだっていう考えは正しいんだろうか?って。田舎の老後の生活は都会の老後の生活よりも不幸なんだろうか?って。

全くの偶然ですが、たった今、TVの“世界の街道をいく”という番組でパタゴニアの映像が流れています。南アメリカ大陸南端のパタゴニアの田舎町で暮らす若者が映し出されていますが、幸せそうな顔をしています。mhが伝えたい事を代弁しているのかしらって思いました!

何処なら幸せな老後を送ることができるってことは言えない!っていうのが今回のブログの結論です。

何処で暮らしていても幸せな人とそうでない人がいると思います。幸福に暮らせるかどうかを決めるのは場所じゃあなくて別のものだろうと思います。
どんな楽しみ(生き甲斐、趣味など)を持っているか?どんな人とどんな繋がりを持っているか?
きっと、これが幸せな老後を送る重要なポイントだと思います。政府は地方再生などに力を入れるより、人を幸せにすることに力を入れるべきだと思います。妙な施策を国民に押し付けて自由を束縛するのはやめるべきです。

Whitney Houston - I Will Always Love You – Lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=H9nPf7w7pDI

(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する