Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

なぜ青か?


お知らせ:
このブログに張り付けておいた写真は手違いで消去してしまいました。
保管しておいたpdfから再生したブログはライブドアのブログに張り付けておきましたので
もしご関心がございましたら、つぎのURLでご確認下さい。
http://blog.livedoor.jp/mysteryhunter/preview/edit/ad70e91804ec2efccbfd506f5b984998なおライブドアブログのホームページURLは下記です。
http://blog.livedoor.jp/mysteryhunter/

青天蓋モスクの不思議:質問3「何故青なのか?」の解答(前篇)
                   2014年5月 Mystery Hunter
いよいよウズベキスタンの旅まで一カ月余りになりました。
青天蓋モスクの不思議(4月18日公開)の解答を求めてネットで調べていたらウズベキスタンの青に関する情報が多いので驚きました!

そこで一先ず、入手した情報の一部を紹介したいと思います。

不思議な質問3:何故、ウズベキスタンのモスクに青天蓋が多いのでしょうか?

私の現時点での解答をご紹介する前に次の問いについて考えてみて下さい!
「あなたの最も好きな色は?・・・赤、ピンク、黄色、緑、青、紫、黒、白?」
・・・・・・やはりそうでしたか!

それでは私が到達した解答をご紹介しましょう。
(旅行で新たな情報が見つかれば改めてご紹介します。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青いドームと言えば、ギリシャ・エーゲ海に浮かぶサントリーニ島は世界でも有名な観光地です。白壁の建物に載った青いドームが青い空と海を背景にした構図は皆さんも一度は写真や絵で目にしたことでしょう。この青ドームは教会であってモスクではありません。
09601.png 09602.png
09603.png 09604.png

いや~、文字通りピクチャーレスク(picturesque:絵のよう)ですねぇ。こんな綺麗な風景があるのですねぇ、世界には!

Wiki;Blue(青:英語版)を調べると多くの情報が見つかります。
古くはエジプシャンブルーという青の釉薬がありました。
古代エジプトで使われた全ての合成顔料の中で最も有名で、石英(砂漠の砂)、カルシウム(石灰岩)、アルカリ(植物灰、カリ、または砂漠の塩”ナトロン”)、炭酸塩と銅(特にマラカイト:孔雀石)の少量を約900℃に加熱して造られます。入手困難なラピスラズリやトルコ石の代用品としてガラスや陶器の釉薬に用いられました。

ダークブルーから淡いターコイズブルーへの様々なブルーの色調は、混合物中で銅とアルカリの割合を変えたり、粉砕の程度(粗挽き:ダークブルー、微粉砕:淡青色)を変えたりすることで得られます。
09605.png
左のダークブルーから右のターコイズブルーへの変化の様子を示す作品群
09607.png

が今回はウズベキスタンの青天蓋に限定していますので、以下ではウズベキスタン、青天蓋モスク、という観点から情報を紹介します。

Wiki;Blue
欧米での調査では男女とも半数以上が青を最も好きな色に挙げている
調和・信頼・信念を象徴し、空、海、氷、時には悲しみを現す色として使われる。
(Wiki完)

一方、Googleで「ウズベキスタン・陶器」をキーワードに検索すると山ほど写真が見つかりますが、キーワードに「青」を入れていないのに青を基調とした陶器が大半です!
09608.png

09609.png 09610.png

日本の陶器メーカーINAX(現LIXIL)が2011年末に「青の魅惑 イラン、トルコ、ウズベキスタンのやきもの」を主催しました。
          09611.png
この展示会に作品を出展した作家に「なぜ青なのか?」と訊いた答えが紹介されています。

「イランの青、至高の“フィルゼ”は自然のトルコ石の色。自然にある色こそ最良である」
(ムハンマド・マフディ・アヌシュファル/イラン)

「イランでは青(フィルゼ)は水を意味する。水は命の根源。自然にも人間にも」
(サイード・アクバリー・ソヒ/イラン)

「“作家が熟練すればするほど色数が減ってゆく”という言葉は、まさにブルー&ホワイトを表す」
(メフメット・コチェル/トルコ)

「青は深遠でありながら自由そのもの。困難の末に得られる高貴の色」
(アディル・ジャン・ギュヴェン/トルコ)

「砂漠に水があると嬉しくなると同時に安心して心が落ち着く。陶器の青もそれと同じことだ」
(ルスタム・ウスマノフ/ウズベキスタン)

「青は、活力・生命力・愛情・感謝などすべての心の動きを活性化する。幸福と勝利をもたらす聖色である」
(アリシェル・ナジロフ/ウズベキスタン)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は知らなかったのですが、西アジア、中央アジア、イスラム文化圏と言われる地域は、青い陶器や青い建造物が多いことで有名なようです。特にウズベキスタンの青い空を背景にした青い天蓋の風景は、見た人に一生忘れられない程の鮮烈な印象を与えるのではないでしょうか、エーゲ海に浮かぶ島の青い教会・海・空と同じように!

それではウズベキスタンの全ての工芸は青が基調かというとそうでもないようで、例えば民族衣装は赤など華やかな色が好まれるし、毛織物、例えば絨毯、は赤が主体のようです。
09612.png 09613.png

(Wiki;Blue続き)
キリスト教世界では、ビザンチン帝国の教会で描かれるキリストと聖母マリアは通常ダークブルーか紫の服を着ていることが多く、モザイクでは空を現す背景色として、ダークブルーは広く使われていた。

イスラム世界では、預言者ムハンマドが好んだ色で、緑に次いで重要な色として扱われていた(注1)。ある時期、イスラム化されたスペインや、その他のイスラム国家では、イスラム教徒のみが白または緑の服の着用を許され、キリスト教徒やユダヤ教徒は青の服を着ていた。
(注1)
Wiki;Blueの英語では次の文章で、預言者ムハンマドが好きだったのは青だと言っていると思うんですが・・・緑なんですかねえ、文法的には?自信がありません。
In the Islamic world, blue was of secondary importance to green, believed to be the favorite color of the Prophet Mohammed.

スペインから中央アジアにかけ、モスクではダークブルー、ターコイスブルー(トルコ石の青;青緑色)が広く使われていた。
(Wiki完)

イスラムの緑は、コーランの中で天国の服やソファーの色として現れているようです(Wiki)。また預言者ムハンマドのターバンの色も緑だったようで、イスラム教徒にとって重要な色とされています。

その表れとして例えば多くのイスラム国家の国旗には緑が使われています。
09614.png09615.png
上左:アルジェリア
上右:サウジアラビア
   (文字の意味:アッラーの他に神は無く、ムハンマドはアッラーの使徒)

09616.png 09617.png
上左:ウズベキスタン

また、イスラム第二の聖地メディーナのムハンマドが奉られている廟は「緑のモスク」と呼ばれ天蓋の色は緑です。
     09618.png
(ご参考)イスラム三大聖地
第一の聖地メッカ:ムハンマドの生地(サウジアラビア)、
第二の聖地メディナ:ムハンマドの死地(メッカの北340km)
第三の聖地エルサレム:一神教の聖地、ムハンマド昇天の地(死地と異なる)

更にはコーランは緑のバインディングで閉じられているようです!
     09619.png

ウズベキスタンには海がなく大半は砂漠です。その中に立つモスクの屋根の色としては晴れた空に溶け込むような青がもっともふさわしい色だったといえるでしょう。

緑や赤の天蓋を持つモスクも例外的に見つかりますが、緑は恐らく、天国とムハンマドに許される色で多用できない事情があると思われます。また赤は青い空に馴染みません。
09620.png 09621.png
上:サマルカンドの青天蓋           上:天蓋を緑にした場合の絵
09622.png 09623.png
上:天蓋を赤にした場合の絵          上:天蓋を青にした場合の絵

どうですか?やっぱり青が似合いますよね?
それに青はあらゆる生物に最も重要な空気(空)と水の色でもあります。
更には、繰り返しになりますが、調和・信頼・信念を表す色で、多くの人が最も好きな色でもありますからして、ウズベキスタンのモスクの天蓋は青が多いのです!

(ひとまず完。新事実があれば旅行後に紹介します。)
P.S.次回5月13日は「アトランティスの不思議」を投稿します。お楽しみに。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

>私の現時点での解答をご紹介する前に次の問いについて考えて
>みて下さい!
>「あなたの最も好きな色は?・・・赤、ピンク、黄色、緑、
>青、紫、黒、白?」
>・・・・・・やはりそうでしたか!
  やはり~って、
  Mystery Hunterさんの好きな順に並べてみての納得ですか?
  私は、茶系が落ち着くのか選ぶ服の色は、
  茶系~ベージュ系が多いです。
  でも、茶色って上司に刃向う色だそうですよ。
  私は、名前にサンズイが3つありますし、
  なんかの占いでは、水星運でした。
  その上、血液型はB型ですので
  ブルーを身に着けると運気が上がる・・・と言われています。

赤は、闘争心を掻き立てる色だそうで
血圧の低い人は選ぶとイイかも~ね。
そういえば、赤パンツ健康法というものがありますがご存知?
赤いモノをはくと赤色に反応するあるツボを刺激して体温が上昇し
血のめぐりが良くなり、その結果元気とやる気が
わき上がってくるそうです。
昔の男たちが身に着けていた赤いふんどしは
理にかなっていたんですって?!
黄色は、浮気な色?

因みに私の好きな色は、青紫かな。

色に纏わる話は、もっと調べると面白いことがありそうですね。

サマルカンドの天蓋は、やっぱり青が落ち着きますね。

旅行まで1か月ですか?
1年に3回の海外旅行なって・・・羨ましいです。
楽しんできてください。 

monalisa | URL | 2014-05-11(Sun)08:56 [編集]


monalisaさん;青について

仰るように色について調べてみると面白そうです!

この世には「一面の〇〇色」で形容できる風景って何があるのかな?とふと思いました。
大地、砂漠、草原、樹林、雪原、海原、青空、雲海、花畑(多分に人口的です)、暗黒、といったところでしょうか。
「一面の〇〇色の世界」を見た人は、きっとその記憶を持ち続けるのではないでしょうか。

ところで暗黒って多分、深い井戸を覗き込むと見ることが出来そうだけど、それ以外の処は存在していないのではないかという気がします。宇宙は暗黒でなく、深い青(蒼穹)のイメージですしね。

実は、青についてのYoutubeが見つかりました。面白かったら後日ブログで紹介しましょう。

ウズベキスタンは楽しんできます。空の青はきっとすごく綺麗ではないか?と期待してます。星空はどんな色をしているのか?確認してきましょう。

mystery hunter | URL | 2014-05-11(Sun)12:01 [編集]