Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草:北朝鮮の漁民が失ったもの

(12月16日)
ここ1日2日、北朝鮮籍の漁船漂着の話題は少し下火になっているようですが、先月末頃から連日、どのTV番組も取り上げて大騒ぎしていました。
・・・・・・・・・・・・
12月14日NHKニュース
<朝鮮半島から?木造船の漂着など5年で最多>
朝鮮半島から来たと見られる木造船が国内に漂着するなどしたケースがことしは13日までに80件を超え、この5年で最も多くなっていることがわかりました。海上保安庁は海のしけの影響などで今後も続く可能性があるとして監視を強化しています。
海上保安庁によりますと、朝鮮半島から来たと見られる木造船が日本国内に漂着したり、周辺で漂流したりするケースが、ことしは13日までに83件確認されたということです。
記録が残っている過去5年間では、平成25年に80件確認され、その後は40件から60件ほどの範囲で推移していて、ことしは過去最多となっています。
ほとんどが船体だけが確認されたケースですが、このうち5件は船に人が乗っていて、合わせて42人確認された一方で、遺体が確認されたケースも6件あり、合わせて19人が死亡しているのが確認されています。
木造船の漂着や漂流が増えている背景について、海上保安庁は、北朝鮮が外貨獲得などのために漁業に力を入れ、漁船が日本の排他的経済水域の付近まで出てきていることや、低気圧の影響などで例年に比べて、秋以降、海が荒れた日が多くなっていることなどが考えられるとしています。
海上保安庁は、今後も木造船の漂着や漂流が続く可能性があるとして、監視を強化しています。
・・・・・・・・・・・・
で~
平成25年の80件と比べれば今年の83件の漂着件数はさほど多いわけでもなさそうですが、直近の1,2ヶ月で急に話題になっていますから、この冬の北朝鮮の食糧状態は格別に酷(ひど)く、背に腹を変えられず、危険を冒して、ロシア国境に近い漁港の清津チョンジン辺りから5百Kmも離れた、日本海の中心部にある大和堆(やまとたい)に小型漁船で大挙して押し寄せ、イカを獲っているというのが実態のようです。

日本の排他的経済水域で日本の許可なく漁業をするのは国際法違反ですから、海上保安庁は放水して追い払っていますが、もしロシアか中国の水域なら、乗組員は逮捕または機銃射殺され、船は沈められているでしょう。

天候が不安定な上、北朝鮮の船が沢山来て恐ろしいから大和堆には出漁しない!と日本の漁師たちは言っていましたが、北朝鮮の漁船は小型のボロ船ばかりで、こんな危なっかしい小舟に乗って吹きすさぶ寒風の中を命を賭けてやってくる同じ仲間の漁民を、日本の漁師たちは、恐れ、怒り、そして恐らく憐憫(れんび)を交錯させながら眺めていることでしょう。

漂着した6隻から19人の遺体が見つかったようですが、日本に流れつく前に沈んでしまう船も多いでしょうから、死者数はきっと100人近いと思います。

小さな漁船で北風すさぶ海の真ん中まで数日かけてやってきて、魚群探知機なども持っていなくて、やみくもに網を流してイカを獲り、冷凍設備もないから甲板で日干にして持ち帰るんでしょうが、今の日本海は暴風雪で、せっかく獲ったイカも台無しになるだろうし、何よりも、強い北西風に逆らいながら厳冬の海を航行して港に帰るのは命がけにちがいありません。

なかなか帰ってこない夫や息子を待つ家族の胸は、不安で張り裂けるほどでしょう。イカを持ち帰るといいお金が入るようだとネット記事にありましたが、イカなどビールのつまみにしかならず、空腹を満たすには役立たないと思いますから、何のために、命を賭けて、寒い海をはるばるやってくるのか、お釈迦様の仰るように因果応報とは言え、mhにはとても推し測ることはできません。

TVニュースで見るボロ船で5百Kmも離れた漁場にいくのは余りに危険です。それは、北朝鮮の漁民も、この冬、身をもって体験したんじゃあないでしょうか。いつまでも戻らない夫や息子を待つ妻や幼い子供たちの噂は北朝鮮の漁港でささやかれ始め、漁師たちも遠海漁業を控えるはずで、このブログが公開になる1月26日には、北朝鮮漁船の話は忘れ去られているんじゃあないかと思います。

北朝鮮の将軍様は、漁民やその家族の苦労や悲しみなど眼中になく、違法を承知で、命を賭けて他国の資源を盗んでくるよう指示しているわけですから、日本人でなくたって、誰がどう考えたって、尊敬できる人物であるわけがありません。
しかし・・・
考えてみると、北朝鮮だけが異常ってわけじゃあありません。ロシア、中国、アメリカ、そして日本も、世界中が独裁政権化してきました。そして独裁政権ならば北朝鮮と同じ運命をたどるのです。独裁政権の国民は決して幸せにはなれないことをmhは保証します。仮に石油が無尽蔵にあって、全ての国民は働かなくても綺麗な家に住み、美味しい食事を食べられたとしても、幸せにはなれないと断言します。人間として一番大切なものが奪われているからです。自由です。

自由を奪われている故に、北朝鮮の漁民は、命をかけて冬の海に出航し、他国の漁場を違法に荒さざるを得なくなったとmhは思います。

The Sound of Music- My Favorite Things Lyrics!
https://www.youtube.com/watch?v=H_PjaKkmTgQ
(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する