FC2ブログ

Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

大晦日特番


5曲ご紹介しましょう。
1)Amazing Graceアメイジンググレイス
2)Shenandoahシェナンドー
3)You raise me upユーレイズミーアップ
4)Scarborough Fair スカ―ブラの祭り
5)Auld Lang Syne(オールドラングサイン;蛍の光)

1)Amazing Grace

Amazing grace!how sweet the sound
That saved a wretch like me!
I once was lost but now am found
Was blind, but now I see.
驚くべき恵み!なんと甘美な響きよ、
私のように悲惨な者を救って下さった。
かつては迷ったが、今は見つけられ、
かつては盲目だったが、今は見える。

'Twas grace that taught my heart to fear.
And grace my fears relieved;
How precious did that grace appear,
The hour I first believed.
神の恵みが私の心に恐れることを教え、
そして、これらの恵みが恐れから私を解放した
どれほどすばらしい恵みが現れただろうか、
私が最初に信じた時に。

Through many dangers, toils and snares.
I have already come;
'Tis grace has brought me safe thus far,
And grace will lead me home.
多くの危険、苦しみと誘惑を乗り越え、
私はすでに辿り着いた。
この恵みが、ここまで私を無事に導いてくださった。
だから、恵みが私を家に導くだろう。

The Lord has promised good to me,
His word my hope secures;
He will my shield and portion be,
As long as life endures.
神は私に良い事を約束して下さった。
彼の言葉は私の希望の保障である。
彼は私の盾と分け前になって下さる。
私の命が続く限りに。

Yes,when this flesh and heart shall fail,
And mortal life shall cease;
I shall possess, within the vail,
A life of joy and peace.
そうです。この体と心が滅び、
私の死ぬべき命が終わる時、
私は、来世で得るものがあります。
それは、喜びと平和の命です。

The earth shall soon dissolve like snow
The sun forebear to shine;
But,God who called me here below,
Will be forever mine.
地上はまもなく雪のように白くなり、
太陽は光を失うだろう
しかし、私を御許に召して下さった神は、
永遠に私のものになる。
https://www.youtube.com/watch?v=GYMLMj-SibU
・・・・・・・・・・・・

2)Shenandoah
米国バージニア州のシェナンドー川またはシェナンドー・バレーを懐かしんで歌ったとも、そこに住む恋人のネイティブ・アメリカンの娘の名前とも言われる。

Oh, Shenandoah, I long to see you,
Away you rolling river.
Oh, Shenandoah, I long to see you,
Away, we're bound away
'Cross the wide Missouri.
おお、シェナンドアよ、あなたに会いたい、
アウェイ、流れゆく川よ。
おお、シェナンドアよ、あなたに会いたい、
アウェイ、我らは遠くへ行く、
広いミズーリ川を超えて。

Oh, Shenandoah, I love your daughter,
Away, you rolling river.
For her I'd cross your roaming waters,
Away, I'm bound away
'Cross the wide Missouri.
おお、シェナンドアよ、あなたの娘に会いたい、
アウェイ、流れゆく川よ。
彼女のために私は川を渡る、
アウェイ、我らは遠くへ行く、
広いミズーリ川を超えて。

'Tis seven years since last I've seen you,
Away, you rolling river.
'Tis seven years since last I've seen you,
Away, we're bound away
'Cross the wide Missouri.
あなたに最後会ってから7年、
アウェイ、流れゆく川よ。
あなたに最後会ってから7年、
アウェイ、我らは遠くへ行く、
広いミズーリ川を超えて。

Oh, Shenandoah, I long to hear you,
Away, you rolling river.
Oh, Shenandoah, I long to hear you,
Away, we're bound away
'Cross the wide Missouri
おお、シェナンドアよ、あなたを聞きたい、
アウェイ、流れゆく川よ。
おお、シェナンドアよ、あなたを聞きたい、
アウェイ、我らは遠くへ行く、
広いミズーリ川を超えて。
https://www.youtube.com/watch?v=W1EG_4IBzbA
・・・・・・・・・・・・

3)You raise me up

When I am down and, oh my soul, so weary
When troubles come and my heart burdened be
Then, I am still and wait here in the silence
Until you come and sit awhile with me
私が落ち込んで、魂が疲れ切っている時
困難に会い、心が折れてしまっている時
その時は、私はここで静かに黙って待つのです。
あなたが来て私と一緒に暫く座ってくれるのを。

You raise me up, so I can stand on mountains
You raise me up, to walk on stormy seas
I am strong, when I am on your shoulders
You raise me up to more than I can be
あなたは私を元気づけてくれる。だから私は山に登れる。
あなたは私を元気づけてくれる。嵐の海を歩けるように。
私は強くなれる。あなたの肩の上に載っていれば。
あなたは私を元気づけてくれる。私が出来る以上に。

There is no life - no life without its hunger
Each restless heart beats so imperfectly
But when you come and I am filled with wonder
Sometimes, I think I glimpse eternity
そんな人生はない。飢えが無い人生など。
誰もの不安定な心はとても不完全に鼓動している。
しかしあなたが来ると私は不思議で満たされる。
時々私は永遠を垣間見る気分がする。
(mh:Youはイエスじゃあないかと思います)
https://www.youtube.com/watch?v=S0mOXC8pJfM
・・・・・・・・・・・・

4)Scarborough Fair スカ―ブラの祭り
スカーブラScarboroughは、イングランド・ノース・ヨークシャーの北海海岸沿いの小都市。
歌詞中のParsley(パセリ), sage(セージ;サルビア), rosemary(ローズマリー) 、thyme(タイム;ハッカ)はいずれもハーブherbというか香辛料の一種。
BOTH (男女)
Are you going to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me to one who lives there,
For she once was a true love of mine.
MAN
Tell her to make me a cambric shirt,(綿のシャツ)
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Without no seam nor fine needlework,(継ぎ目も細かな縫い目もない)
And then she'll be a true love of mine.

Tell her to wash it in yonder dry well,(あそこの干上がった井戸で)
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Which never sprung water nor rain ever fell,(水も湧き出ず、雨も落ちない)
And then she'll be a true love of mine.

Tell her to dry it on yonder thorn,(あそこの棘(とげ)の植物の上で)
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Which never bore blossom since Adam was born,(これまで花を付けたことがない)
And then she'll be a true love of mine.

Ask her to do me this courtesy,(この作法・礼儀を私にするよう頼んでください)
Parsley, sage, rosemary and thyme,
And ask for a like favour from me,
And then she'll be a true love of mine.

BOTH
Have you been to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me from one who lives there,
For he once was a true love of mine.

WOMAN
Ask him to find me an acre of land,(1エーカーの土地を見つける)
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Between the salt water and the sea strand,(塩の水と海の岸の間で)
For then he'll be a true love of mine.

Ask him to plough it with a sheep's horn,(羊の角でそれを耕す)
Parsley, sage, rosemary and thyme,
And sow it all over with one peppercorn,(胡椒の種をそこにまく)
For then he'll be a true love of mine.

Ask him to reap it with a sickle of leather,(草刈りの鎌でそれを収穫する)
Parsley, sage, rosemary and thyme,
And gather it up with a rope made of heather,(ヘザーという植物でできた縄)
For then he'll be a true love of mine.

When he has done and finished his work,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Ask him to come for his cambric shirt,
For then he'll be a true love of mine.

BOTH
If you say that you can't, then I shall reply,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Oh, Let me know that at least you will try,
Or you'll never be a true love of mine.
https://www.youtube.com/watch?v=wZ7RM4sdl68
・・・・・・・・・・・・

5)オールド・ラング・サイン Auld Lang Syne(蛍の光)
スコットランド語で、英訳すると逐語訳ではold long since、意訳ではtimes gone byとなる。
日本では「久しき昔」などと訳す。

Should auld acquaintance be forgot, and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot, and days of auld lang syne?
旧友は忘れていくものなのだろうか、
古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。
For auld lang syne, my dear, for auld lang syne,
we'll tak a cup o' kindness yet, for auld lang syne.
友よ、古き昔のために、 親愛のこの一杯を飲み干そうではないか。
(We’ll take a cup of kindness yet, for days of auld lang syne)

And surely ye'll be your pint-stoup ! And surely I'll be mine !
And we'll tak a cup o' kindness yet, for auld lang syne.
君は君のパイント・グラス(の酒)を買いたまえ。我は我のものを買う!
我らは互いに杯を手にし、いままさに、
古き昔のため、親愛のこの一杯を飲まんとしている。
(And surely you’ll buy your pint cup! And surely I’ll buy mine!)
(We’ll take a cup of kindness yet, for days of auld lang syne)

We twa hae run about the braes, and pou'd the gowans fine ;
But we've wander'd mony a weary fit, sin' auld lang syne.
我ら二人は丘を駈け、可憐な雛菊を折ったものだ。
だが古き昔より時は去り、我らはよろめくばかりの
距離を隔て彷徨っていた。
(We two have run about the hills And pulled the daisies fine;)
(But we've wandered manys the weary foot, since lauld lang syne.)

We twa hae paidl'd in the burn, frae morning sun till dine ;
But seas between us braid hae roar'd, sin' auld lang syne.
我ら二人は日がら、瀬に遊んだものだ。
だが古き昔より二人を隔てた荒海は広かった。
(We two have paddled in the stream, from morning till dine)
(But seas between us broad have roared since auld lang syne)

And there's a hand my trusty fiere ! And gies a hand o' thine !
And we'll tak a right gude-willie waught, for auld lang syne.
いまここに、我が親友の手がある。いまここに、我らは手をとる。
いま我らは、良き友情の杯を飲み干すのだ。 古き昔のために。
(And there’s a hand my trusty friend! And give me a hand o’thine!)
(And we’ll take a right good-will draught, for auld lang syne.)
https://www.youtube.com/watch?v=acxnmaVTlZA

良い年をお迎えください。

(完)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する