Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草: 韓国は住みやすい。

(2月14日)
2月9日の平昌オリンピック開会式に集まった各国の首脳の間では、会談や晩餐会が開催され、意見交換が行われました。日韓の冷めた関係を韓国メディアは次のように伝えています。

【与正氏には食事接待4回、ペンス氏には1回、安倍氏は0回】
2018年02月13日 [中央日報]
平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック開幕を祝うために韓国を訪れた各国の首脳級要人が予定された日程をほぼ終えて「平昌首脳外交戦」第1ラウンドが終了した。だが、韓国政府が金与正(キム・ヨジョン)北朝鮮労働党中央委第1部部長を国賓級で最大のもてなしをする一方、米国のマイク・ペンス副大統領や日本の安倍晋三首相ら主要国の最高級要人に対する配慮はおろそかにしたという指摘が出ている。
◆北には大統領・首相・長官・室長が対応
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、韓国に2泊3日(9~11日)滞在した金与正氏と4回も会った。開会式出席(9日)、会談および昼食会(10日)、女子アイスホッケー合同チーム競技の観覧(10日)、三池淵(サムジヨン)管弦楽団公演観覧(11日)を共にした。
北朝鮮代表団に対する食事接待は9日のレセプションを除いても4回だった。
(中略)
4強(日米中露)首脳のうち、唯一開会式に参加した安倍氏とも円滑ではなかった。開会式とレセプションを除けば、文氏と安倍氏は9日に1時間会談したのがすべてだ。安倍氏に対する韓国政府の高位要人の食事接待もなかった。特に、会談後の青瓦台の発表で公開的な行き違いも明らかになった。青瓦台高位関係者は10日、記者団と会い、「首脳会談で安倍氏が『韓米合同軍事訓練を予定通りに進めるのが重要だ』と延べ、文氏は『内政に関する問題を安倍氏があれこれ言ってもらっては困る』と答えた」と明らかにした。記者が質問したわけでもないのに、「首脳会談に対して追加で申し上げることがある」としてこのように紹介したのだ。
反面、日本政府当局者は首脳会談ブリーフィングの際、「韓米合同軍事訓練関連の言及はあったか」という質問に「両国が北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めようということで意見が一致した。これ以上の対話は公開できない」とだけ述べた。首脳間の対話を行った片側が、一方的に内容を公開するのは、外交慣例上あまりないことだ。外交消息筋は「マスコミの報道が先に出てきたわけでもなく、青瓦台が該当内容を自ら公開したため、日本側では安倍氏を恥さらしにしようとしたと受け止められる素地がある」と懸念した。
◆ペンス・安倍両氏、共に移動し親密感アピール
このような雰囲気の中で、韓日米最高級会合も結局は失敗に終わった。代わりに、開会式レセプションの開始前に写真だけ撮った。政府当局者は「多忙な日程の中で、物理的に3者の日程調整を行うことが難しかった。また、韓米、韓日、日米会談がそれぞれ行われたので、懸案に対する3カ国間の議論は十分に行われた」と説明した。だが、ペンス氏と安倍氏がレセプション会場まで同じ車に乗って来て、開会式でもすぐ隣の席に座って会話をしながら、韓日米のうち韓国だけが不在の様子が繰り返し演出された。
(以下省略)

これをmh流に纏めると次の通りです。
1) 開会式に参加した外国の首脳は安倍首相だけかも知れない。
(閉会式には集まるかも知れません)
2) 文大統領は明らかに安倍首相を嫌っている。
3) 米国のペンス副大統領は韓国の対応に不満を持っている。
4) 韓国政府は北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン;金正恩の妹)を厚遇している。

で~
政府寄りと思われている(?)韓国の中央日報が、北朝鮮、日本、アメリカに対する韓国政府の今回の対応に危惧を抱いている感じです。そりゃあそうでしょう。いくら金正恩元帥の妹とはいえ、元帥の指示でしか動けない人物を国賓並みで扱う文大統領は、傍(はた)から見れば道化師です。太鼓持ちです。彼女を丁重に持成(もてな)して金正恩元帥のご機嫌を取ろうって魂胆でしょうが、叔父や兄や、自分に意見する部下など100人以上も殺している男の機嫌を取って何になるというのでしょう。北朝鮮に圧力を、と言い続ける安倍首相に反対するなら、ご機嫌取りなどというつまらぬことはせず、きちんと対話すべきです。

で~
何で韓国が住みやすい国かってことですが~
それをお話しする前にもう一つお知らせしておきますと、この3月の中国から台湾へのツアーは禁止される可能性があるようですね。
今日付けのアジア経済ニュースです。
【中国当局が、中国人の台湾への団体旅行を再び制限するとの観測が出ている。業界関係者によると、中国当局は既に国内各地の旅行会社に対し、3月に出発する台湾への団体旅行を全て中止するよう求めたという。
(中略)
中国政府は2016年5月に蔡英文政権が発足して以来、中国人の訪台団体旅行を制限する外交圧力をかけており、1日当たりの訪台団体客数は受入数上限の5,000人を大きく割り込む約2,300人で推移。業界関係者の間では、今年の訪台中国人客数(延べ人数)は前年比約80万人減少し、180万~200万人にとどまるとの予測も出ている】

中国政府による渡航制限の嫌がらせを受けるのは台湾に限りません。日本も同じ目に遭ってますし、韓国も北朝鮮からの攻撃に備えてアメリカからサード(THAAD終末高高度防衛ミサイル)を導入したことで昨年3月から12月まで、中国からの団体ツアーがパタッと途絶えたようです。

で、思ったんですね、mhは。
いくら秋波を送っても思うように靡(なび)くはずもない北朝鮮を向き、中国や日本には嫌われている韓国だけれど、きっと住みやすい国だろうって。

北朝鮮では、元帥様を非難すると公開処刑されます。中国では、日本がどうした、韓国がどうした、ってことで中央政府から横槍(よこやり)が入り、中国人民は楽しみにしていた海外ツアーに行けなくなっちゃうんです。つまり、北朝鮮や中国では人民は政府によって行動を規制されているんですね。
しかし、韓国では、慰安婦問題とか、朴大統領の不正問題とか、何かあると国民は直ぐにデモをしたり、他国の国旗を燃やしたり、トランプ大統領や安倍首相の写真を踏みにじったり、公道に慰安婦像を建てたりして好き勝手に騒ぐんですが、余ほどのことがなければ逮捕されることはありません。政府が慰安婦像を建てろって指示することもないし、日本へのツアーを禁止することもありません。

今の文大統領の言動は大いに問題ですが、韓国は住みやすい国だと思います。もし、果物が多くて、歴史遺跡が多ければ、mhの海外旅行先候補になると思います。暇に任せて韓国旅行を検討してみようかと思いますが、どんなもんでしょうか。勝手にしたら、ってことかとは思いますが。

Al Di La ( 1962 ) - CONNIE FRANCIS – Lyrics
(Al Di Làはイタリア語、英語ならbeyond)
https://www.youtube.com/watch?v=3d3tmpkoTyg

(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する