FC2ブログ

Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草(特番) 米朝会談に思う

mh徒然草(特番) 米朝会談に思う
(6月13日)
昨日(12日)、シンガポールで米朝会談が行われました。以前、mhは、今回の米朝会談は行われないだろうし、行われても中国・韓国抜きとはならないだろう、ってな神託を下していましたが、見事に外れましたね。7月13日公開予定のmh徒然草では諺(ことわざ)についてのmhの思いをご披露させて頂くことになってますが、“弘法にも筆の誤り”、というより“猿も木から落ちる”って言った方がベターだと思いますが、mhも時には木から落ちるんですね。
しかし、なにはともあれ、世界の平和を脅(おびや)かすハプニングがなかったことにホッとしています。

ネットで見つけた、米朝共同声明(アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長のシンガポールでのサミットにおける共同声明)の全文和訳は下記の通りです。
・・・
トランプ大統領とキム委員長は、2018年6月12日に、シンガポールで、史上初めてとなる歴史的なサミットを開催した。トランプ大統領とキム委員長は、新たな米朝関係や、朝鮮半島における永続的で安定した平和の体制を構築するため、包括的で深く誠実に協議を行った。トランプ大統領は北朝鮮に体制の保証を提供する約束をし、キム委員長は朝鮮半島の完全な非核化について断固として揺るがない決意を確認した。

新たな米朝関係の構築が朝鮮半島のみならず、世界の平和と繁栄に貢献することを信じ、また、両国の信頼関係の構築によって、朝鮮半島の非核化を進めることができることを認識し、トランプ大統領とキム委員長は以下の通り、宣言する。
1)アメリカと北朝鮮は、平和と繁栄に向けた両国国民の願いに基づいて、新しい関係を樹立するために取り組んでいくことを約束する。
2)アメリカと北朝鮮は、朝鮮半島に、永続的で安定した平和の体制を構築するため、共に努力する。
3)2018年4月27日のパンムンジョム宣言(注)を再確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組むことを約束する。
4)アメリカと北朝鮮は、朝鮮戦争中の捕虜や・行方不明の兵士の遺骨の回収に取り組むとともに、すでに身元が判明したものについては、返還することを約束する。

史上初となる、アメリカと北朝鮮の首脳会談が、この数十年にわたった緊張と敵対関係を乗り越え、新しい未来を切り開く大きな転換点であることを確認し、トランプ大統領とキム委員長は、この共同声明での内容を、完全かつ迅速に実行に移すことを約束する。

アメリカと北朝鮮は、首脳会談の成果を実行に移すため、可能な限りすみやかに、アメリカのポンペイオ国務長官と北朝鮮の高官による交渉を行うことを約束した。アメリカのトランプ大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は、新たな米朝関係の発展と、朝鮮半島と世界の平和や繁栄、そして安全のために、協力していくことを約束する。
・・・
注)2018年4月27日のパンムンジョム宣言:
板門店(パンムンジョム)でムン・ジェイン(文在寅)大統領と北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が署名した共同宣言。
詳細はURLを参照頂くとして、要旨は次の通り。
1) 南北は、南北関係の全面的で画期的な改善と発展を成し遂げ、途絶えた民族の血脈をつないで共同繁栄と自主統一の未来を早めていく。
2) 南北は、朝鮮半島で先鋭化した軍事的緊張状態を緩和して、戦争の危険を実質的に解消するため、共同で努力していく。
3) 南北は、朝鮮半島の恒久的で強固な平和体制構築のために積極協力していく。
で、3)の中で次が明記されている。
南北は、朝鮮半島の非核化のための国際社会の支持と協力のために積極努力することにした。
https://www.nhk.or.jp/politics/articles/statement/4026.html
・・・
で~
シンガポールで行われた米朝会談での共同声明を見る限り、大した内容はないですね。
“米朝は朝鮮半島の平和に努力する”、“パンムンジョン宣言を確認(支持)する”って言ってますが、北朝鮮が無条件で核を放棄するとは言ってません。“韓国の防衛を支援する米国が核を所有し、かつ韓国に駐在している限り、北朝鮮だけが放棄する必要はない!”と開き直ったとしても共同声明には違反しないと言えるでしょう。

それよりも、トランプが記者会見で放った“米韓軍事演習は中止する”、“アメリカは朝鮮のために資金を投入してきた。これからは韓国と日本が資金を投入すべきだ”という発言の方が話題になっています。なんて馬鹿な発言をするんだろうって非難してるんですね、日韓政府関係者は。

基本的な矛盾をいくつも抱(かか)えたままで真の平和的解決はありえない、というのがmhの立場です。よって、今回の米朝会談は行われることなどないと思っていたし、行われてもその結果に期待はしていませんでしたから、今更、なんの驚きもありません。

何度もいってますように、兄や叔父を暗殺し、自国民を恐怖政治で統治し、苦難を強いている金正恩と、知能指数が低くて自意識過剰なトランプが打合せたところで、良い結果が生まれるわけはありません。期待する方が馬鹿だと言っても良いでしょう。

まず、核兵器を強化しようという米国が他国に核兵器の廃棄を強要するのが筋違いです。

それに、米韓演習を中止するっていうのはmhに言わせれば、あるべき帰結だと思います。韓国や日本の防衛省関係者は取り乱しているようですが、米国は米国だけを守ろうってのがトランプの考えだし、アジアに米軍が駐留しない方が自然で、世界の平和にとってもいいと思いますね。日本や韓国は、遠く離れた米国だけを頼りに防衛戦略を組み立てるべきじゃあない、っていうのがmhの立場ですから、これを機に見直すべきでしょう。

更には、北朝鮮の核廃棄に韓国と日本が費用を負担するというのは、核の影響を最も受けるだろう国としては、あまんじて引き受けるべきだと思います。米国や中国にも負担してほしい気分もありますが、日韓で80%くらい負担してもいいんじゃあないでしょうか。北朝鮮の経済発展のためというのじゃあなく、核廃棄にかかる費用に限定するのは勿論のことです。

今回の米朝共同声明の前文には、“トランプ大統領は北朝鮮に体制の保証を提供する約束をし”とあります。北朝鮮の金王朝の存続を約束したってことで、パンムンジョム宣言で唱(うた)われている“自主統一の未来”を否定したんですね。筋違いも甚(はなは)だしいと思います。米国が北朝鮮を攻撃することはない、っていうのなら分かりますが、それが金王朝を保証するものでないことは明白です。南北が自主統一する時、金王朝が権力を失っていないとしたら、統一後の朝鮮は今よりも悲惨になることでしょう。

南北朝鮮の統一。核なき平和。
この2つを実現できるか否かは北朝鮮と韓国の二国にかかっています。その他の国が出る幕はない、ってのがmhの意見です。ましてやトランプが何をできると言うのでしょう。期待する方が阿呆(あほう)というものです。こんなトランプを100%支持している安倍首相には、日本のためにも早く退陣してもらわねばなりません。

Phil Collins - You'll Be In My Heart with Lyrics
https://www.youtube.com/watch?v=git6DCXSqjE

(完)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する