Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

世界の七不思議4:ハリカルナッソスのマウソロス霊廟

07201.png
ハリカルナッソス(現在のトルコ共和国ボドルム)にあったマウソロス王(在位:前377~前353)の墓です。妹で妻だった王妃アルテミシアによって完成したとされています。

ハリカルナッソス(現ボドルム)はエーゲ海に面したトルコのリゾートで、世界七不思議のアルテミス神殿があったエフェソスの南100kmにありました。
07202.png
ボドルム湾入口の東には城跡、西の高台には大きなプールがあります。
マウソロス霊廟跡は海から2百mで、更に2百m山側には円形劇場跡があります。
07203.png
円形劇場からの風景。湾に突き出した城跡が見えます。
 07204.png
高台のプール!Google Earthで「何かな?」と思い調べてみました。結構大きく洒落ています。
 07205.png
1404年、ロードス騎士団(聖ヨハネ騎士団)が造ったボドルム城(聖ペテロ城)。
 07206.png
騎士団は、聖地エルサレムと、聖地に向かう巡礼者を守るために派遣されていました。
城のあった場所は島でしたが、埋め立てられて陸と地続きになりました。

霊廟は街の中でひっそり隠れるように保護されています。
07207.png
敷地への入場料は5トルコリラ(約300円)です。

マウソロス(Mausolus)は、前377年から前353年にかけて小アジア(アナトリア;トルコ)西部のカリア国を統治したアケメネス朝ペルシャの州知事です。父の後を受けてカリア国の統治者になりました。

当時、カリア国は、ペルシャの首都ペルセポリス(イランの南西部の古都)から離れていたことに加え、州知事だった父が野心家で、近隣の都市や地域を支配下におさめていたため、事実上の独立国でした。息子マウソロスもまた、さらに領土を拡大し、最終的には小アジアの南西部全域を手中に収めようとしていたようです。

マウソロスの妻アルテミシアは実の妹です。当時、カリア国の統治者はその姉妹と結婚するのが慣習でした。家族内で権力と富を継承し続けるためです。

マウソロス霊廟(Tomb of Mausolus)は、マウソロスとその妻アルテミシアの遺体を安置するために造られました。
 07207a.png
この霊廟は、マウソロスの死後に妃アルテミシアが夫のために建造したとも言われていましたが、実際はマウソロスの生存中に建造が始まり、王の死の3年後、アルテミシアの死から1年後の、前350年に完成したようです。
霊廟の壮大さから「マウソレウム(mausoleum)」という、霊廟を表す名詞が生まれました。

この霊廟のモデルになったのはペルシャ王ダレイオス1世(Darius the Great)の墓です。
 07208.png
ダレイオス1世:前558年頃 - 前486年、アケメネス朝ペルシャ第3代王

今でも、マウソロス霊廟をコピーした建物が見受けられます。
ワシントンDCにあるフリーメイソンの寺院
 07209.png
オーストラリア・メルボルンの神殿
 07210.png

マウソロス霊廟はギリシャ人建築家のピュティオスとサテュロスが設計しました。
07211.png 07212.png  
大きさや構造に関する信頼できる情報が伝えられています。
高さは42m。基礎部は一辺33mの正方形でした。
07213.png
頂きには、王と子供を抱いた王妃が乗った四頭立ての戦車像がありました。
 07214.png
像が載っていた屋根は階段状で、エジプトのステップ・ピラミッドに似せたものでした。
07215.png
屋根を支える大理石の柱は36本で、強度を保つ工夫がされていました。
07216.png
積み上げられた石柱は金属製の連結部品で繋げられていたのです。
07217.png
同じ工夫は基礎にも使われていました。
07218.png
金属部品で石のブロックを連結して礎石としました。おかげで、軟弱な土壌の上に建てられた霊廟も強固に支持されていたのです。
07219.png

柱の下の大きな台座には、高名な彫刻家によってレリーフ(浮彫)が施されていました。
07220.png
実物の2倍以上の大きさの彫像も並べて飾られていました。
 07221.png
墓室は台座の下にありました。
07222.png
デンマーク人により発掘されました。
07223.png
中は既に盗掘されていて空でした。
07224.png

マウソロスが死ぬと妻アルテミシアは女王に就任しますが、2年後、王の後を追うように亡くなりました。
夫マウソロスの遺灰をワインに混ぜて飲み、悲しみのうちに息絶えたといわれています。
07225.png
この伝説から、アルテミシアは献身的な妻の象徴になりました。マウソロスとアルテミシアの遺灰を入れた骨壷は完成間近の霊廟に収められました。廟の完成はアルテミシアの死から数年後のようです。

以降、マウソロス霊廟は、ハリカルナッソスの中心地に聳(そび)え続けていました。
前334年にアレクサンドロス大王によって町が陥落した時も、前60年前後に海賊の襲撃を受けた時も、ほとんど被害を受けませんでした。

廃墟になった町を見下ろしながら聳えていたのですが、建設から1600年後、度重なる地震のために柱が崩れ、屋根の馬車像は地に落ち、1404年には土台が確認されただけでした。

石材は湾入り口のボドルム城(1404年完成)に転用されていることが確認されています。
     07226.png

最後にマウソロス霊廟跡の現在の状況写真をいくつかご紹介しましょう。
07227.png

 07228.png 07229.png

  07230.png

   07231.png

   07232.png

(完)
月曜:世界の不思議
金曜:mh徒然草
を投稿します。  Mystery Hunter
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する