Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

mh徒然草-6:世界終末時計

世界終末時計:Doomsday Clock

日本への原子爆弾投下から2年後、冷戦時代の1947年、にアメリカの科学誌 Bulletin of the Atomic Scientists (原子力科学者会報)の表紙絵として誕生した時計で、最後の審判の日(Doomsday)までどのくらい残されているのかを概念的に表す「時計」です。45分から零(ぜろ)時までが図案化されています。
           06850.png
毎年1回、原子力科学者たちが見直していますが、福島原発の津波事故の翌年は残り4分、今年の1月の見直しでは残り5分になりました。原子力だけではなく異常気象も考慮されるようになったとのことでした。

世界中の人類を葬(ほうむ)ることができるものとしては、原子爆弾、異常気象(植物の滅亡)、疫病、宇宙的挙動(隕石衝突・太陽肥大化など)が考えられます。
しかし、一発の銃弾で殺されても、その人には終末ですから無視できません。

中国人民解放軍の予算は年率10%以上Upしています。尖閣の領有権を巡り中国と対立する日本は対抗策として2014年の国防費を対前年2.8%Upしました。NATO北太平洋条約機構はロシアのウクライナへの覇権行為に対抗し、軍事費2%増Upを決めました(9月5日のニュース)。

軍隊の膨張は他国への侵略か国内でのクーデターを起こすことが歴史で証明されています。

日本に関する卑近(ひきん)な例では日中戦争・太平洋戦争があります。明治維新の後、薩摩・長州・土佐の官軍から大日本帝国陸軍が生まれました。日清・日露・第一次世界大戦の勝利で味を占めると、帝国の拡大を求めて中国や韓国、東南アジアに侵略していき、日中戦争・太平洋戦争を仕掛けたのです。おかげで多くの民間人が犠牲になりました。
そういえば、国会中継で安倍首相に「日本が始めた侵略戦争についてどう思うか?」と野党議員が質問したら「侵略戦争という定義はありません。」と答えてましたね。侵略とも戦争とも認めていないのか?多分、戦争だが侵略ではない、という主張かと思いますが・・・
中国人や韓国人に限らず、多くの人は、相変わらず訳の分からぬことを言う首相だ、とあきれたに違いありませんが、首相の言う通りだ!と同調する人も最近は多くなってきたようですから、日本も段々と不穏になりつつあります。

軍隊によるクーデターは世界各地で起きています。

エジプトではジャスミン革命で独裁政権が倒されました。その後に選挙で選ばれたムルシー大統領はイスラム色を強く押し出し、これに対する国民の反感を切っ掛けに彼を引き摺(ず)り下ろした軍のリーダーが政権を掌握し、もう1年以上居座り続けています。

タイではインラック首相に反対する野党のデモが長期化し、鎮静に乗り出した軍が首相の席を乗っ取って居座っています。過去にも軍によるクーデターが何度かありましたが、その都度国王(ラーマ9世)が事を収めたので、軍事政権は短期的なリリーフでしかありませんでした。しかし、国王も今は84歳ですから、調停能力は衰退し、今回は長続きしそうです。

タイのお隣のビルマ(現ミャンマー)でも英国統治から独立した第二次世界大戦以降、軍事政権が半世紀以上も続いています。この間、国民民主連合のアウンサンスーチー女史が軟禁されたり、クーデターが起きたりしていますが、調べたらクーデターは全て軍同士の争いでした。結局、国民の声を武器で封じながら、軍部内で権力闘争を繰り返していたのです。

タイもミャンマーも仏教国です。クーデターはイスラム国家の専売品ではありません。

一旦権力を掌握した軍事政権は、甘い蜜の味が忘れられず、自発的に政権を国民の手に戻すことはありません。民衆が蜂起すれば、指導者は国家騒乱罪で投獄され、死刑になるでしょう。軍事政権を政権の座から引きずり下ろすには、更に強い軍事力を持つ国、例えばアメリカ、ロシア、中国など、の軍隊に頼るしかありません。すると今度は、外国の軍隊が居座り、外国の思惑で自国の未来が決まる運命を辿(たど)ります。

食物連鎖で頂点に立った人類は、地球資源を消費し、人類を抹殺(まっさつ)できる兵器を獲得し、殺し合いを繰り返しながら最後の審判の日Doomsdayに向けて突き進んでいるかの様です。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2014-09-26(Fri)07:09 [編集]


Re: タイトルなし

早速修正しておきました。
マレーシアは暑いでしょうねぇ。ご苦労様です。
色々な本場の果物を試食すると楽しいと思いますよ。

mystery hunter | URL | 2014-09-26(Fri)09:56 [編集]