Mysterious Questions In The World

世界のミステリーをご紹介します。

ポンペイの不思議


06501.png
なぜ、多くの人がこの脅威に巻き込まれてしまったのか?
06502.png
(mh:火山灰に埋もれた人や動物は灰の層の中で風化し、そこに空洞が出来上がりました。地表からその空洞を見つけ出し、小さな孔を明けて石膏を流し込み、固まってから周りの灰を取り除くと石膏像が残ります。こうして造られた像がポンペイ遺跡で展示されています。)

ベスビオ山。最も悪名高い火山だ。過去2千年間に30回も爆発している。
06503.png
今は静かだ。しかし西暦78年、2日間、大爆発を繰り返してポンペイを葬(ほうむ)った。5千~2万人が3m以上積もった灰に埋まって死んでいったのだ。
なぜ彼らは町に留(どど)まっていたのか?危険だと判っていたはずなのに!
06504.png
(上:ナポリからナポリ湾越しにベスビオ山の噴火を描いた想像図)

彼等は、なぜ噴火を過小評価していたのか?
死んだ彼らの顔が驚きに満ちているのはなぜなのか?

3万5千年前の話だが、現在のナポリを中心に超大火山の爆発があった。
06505.png
この爆発で大きなカルデラが生まれた。
06506.png
ナポリ湾の一部、そして都市ナポリもカルデラに含まれている。

ナポリの地下には溶岩層がある。この店に入ってみよう。
06507.png
地下への入り口があるのだ。いくつかある入り口の一つだ。
06508.png
1平方kmの「トゥフォー」と呼ばれている空間に出た。
06509.png
住民はここで採取した岩石で地上に家を造ったのだ。石は柔らかくて加工しやすかった。適度な弾性もあって火山振動にも強いと考えられていた。

水路も溶岩層を掘って造られた、ハンマーとチゼル(鏨;たがね)だけで。
06510.png
噴火が一段落した後の今から2千年前、この地にナポリの町を造った人々は火山の本当の恐ろしさを体験したことが無い。だから溶岩の上でも構(かま)わずに家を建てたのに違いない。
06511.png
勿論、今でも噴火の危険は残っている。

約4百年前の1631年、噴火で4~18千人のナポリ住民が死んでいる。従って今では噴火の怖さを十分知っているはずだ。しかしポンペイの住民はどうだったのだろうか?

ナポリ市街から西8kmのフレグレアン・フィールド(Phlegrean-Field)。
06512.png
蒸気が出ている!超大火山はまだ生きていた!
06513.png
ポンペイの住民もこの超大火山については知っていたに違いない。
06514.png
ここでは小さな噴火が頻繁に起きている。
一方、ベスビオ山では稀(まれ)に、しかし大きな噴火が起きているのだ。

今も活発な火山活動があるストロンボリ島に行ってみよう。
06515.png
島に行く途中、島から1.6kmの岩礁に登ってみた。
06516.png
ストロンボリ島の山からは噴煙が昇っている。
06517.png
約3百年前、島は危険な状態にあった。今では大きな心配はないとされている。
海面から9百m突き出しているが、火山体積の75%は海面下にある。島には観光客も多い。火山の上で生活しているにしては驚くほど平和だ。
06518.png
しかし山の頂(いただき)では10分毎に小さな噴火が繰り返されている。
06519.png
2002年には大きな噴火があった。
06520.png
溶岩は海へ流れ落ちた。10mの津波も起きた。
06521.png
その時も「美しい!」といって島民は飛び跳ねて喜んでいた。慣れっこなのだ。
多分ローマ人もそんな感覚でいたのだろう。夜、山に登ると溶岩を噴き出しているのを今でも見ることが出来る。
06522.png

2千年前、丁度ナポリを訪れていた提督は、ベスビオ山の噴火をナポリ湾越しに見ることになった。「これは大事件だ!」彼は一緒にいた姪にこの出来事を記録するよう指示するとともに、直ちに数隻の船を準備し、何が起きているのか、もっと間近で見ることにした。
06523.png
ポンペイは昼時だったが、急に噴煙の暗闇が襲ってきて人々は混乱したに違いない。
06524.png
提督の船団はポンペイ近くまで行った。しかし港に入るのは危険だと悟り、迂回してスタビアエ(Stabiae)に上陸した。
06525.png
その夜は、姪や友人と一緒にディナーを楽しんだ。翌日の早朝、今度は大きな噴火が来た!命からがら船に逃れた彼の姪は、1年後に噴火の記録を公表したのだ。
06526.png
しかし、何故、こんな危険を冒(おか)したのだろう?
ポンペイの住民も提督も、大噴火を予想していなかったのだ!
06527.png
(ナポリ湾越しに見るベスビオ山。頂の白いものは雲です。)

何故、ベスビオ山は大噴火の予兆を出さなかったのか?広島の(原子爆弾の)3千倍ものエネルギーだったのだ。そんな大噴火には予兆が有るのが普通だ。彼らは気付かなかったのだろうか?

ポンペイの町に入ってみよう。ローマ・スタイルの円形劇場だ。
06528.png
通りのゲートからはベスビオ火山がのぞいて見える。
06529.png
寺院の跡。
06530.png
石畳の通り。
06531.png
当時、凡そ3千戸の住居が在った。1万人以上、いや2万人位は暮らしていただろう。
建物に火山性の岩が使われている。
06532.png
つまり以前にも大きな噴火があったことを人々は知っていたのだ。
06533.png
17年前も大きな噴火があり、破損した水路や寺院の修復が進んでいた!
そんな経験をしたばかりなのに、どうして大勢の人が死ぬことになったのだろう?地震と火山噴火の関係を理解していなかったのだろうか?

観光客に非公開のパン屋の跡。店の入り口に騾馬(らば)が眠っている。
06534.png
恐らく、その日も、この石臼の周りをこうして回りながらパン粉を轢(ひ)いていたのだろう。
06535.png
この石臼はモルタルを塗って修理している最中のものだ。
06536.png
恐らく、ベスビオ山は1週間くらい噴火を続けていたのだ。最初の地震で破損した石臼を修理していたのに違いない。しかし、まだパン焼き仕事を続けるつもりでいたのだ。
06537.png
これらの石膏像は1860年に作られた。死の瞬間までポンペイに残っていた人々だ。
06538.png

考古学上興味深い場所に行ってみよう。ここも観光客に非公開の場所だ。
06539.png
10年前に発掘された。細かな噴石が積もっている。12時間は降り続いたはずだ。
06540.png
その噴石の上に人が横たわって死んでいるのだ!
06541.png
噴火で噴石が降り続いた後、最後のブローが起きた。時速160kmで火砕流が襲ってきたのだ!前日の大噴火でもポンペイを去らずにいた人々は、この火砕流で焼け死んだ。

火砕流については20世紀になるまで誰も気付いていなかった。1980年に噴火した米国ワシントン州のセントヘレナ山が最終的なヒントを与えてくれた。
06542.png

ベスビオ山では現在、最新技術を導入して火山の挙動調査を行っている。
06543.png
2秒毎に地中の大気の圧力や温度、振動を複数箇所で測定し、分析・監視している。
噴火を予知出来ないか研究しているのだ。
06544.png
全くの余談で恐縮ですが、魅力的な地質学者ですねぇ。イタリア人はみんな情熱的で魅力的かも。
で、彼女も言っていましたが、噴火の発生時期をピンポイント(指摘)するのはまだ不可能だとのことです。研究、頑張ってください!

さて、次は、ナポリに戻り、ベスビオ山の麓(ふもと)の町サン・セバスチアーノに行って見ましょう。大戦中の1944年にベスビオ山の噴火で被害を受けた町です。
06545.png
世界大戦の最中だったが、噴火の様子は映像に残された。
06546.png
ポンペイの惨事では噴石と火砕流だったが、今回は溶岩が襲ってきた!
06547.png
人々の目の前で溶岩はビルを、通りを押し潰(つぶ)していった。避難するのには十分な時間を持っていたが、それでも26人が死んだ。

しかし、新たに出来た厚い溶岩層の上にまた家を建てて暮らしている!
06548.png

それでは、核心の場所、ベスビオ山のクレーターの中へ入ってみよう!
06549.png
専門家と一緒だが、かなり危険な旅なのは間違いない!とても興奮している!
深さは300m。中に入るのが噴火を理解する最善の方法だ。
06550.png
午前中にはクレーターの中から脱出しなければならない。午後は熱で石が膨張して噴火し易いのだ。
06551.png
斜面を見ると、噴石と溶岩が交互に層を造っている。
左下の写真の石は噴石、右下の岩の層は溶岩流が固まった層だ。
06552.png
一番上の溶岩層が1944年の噴火のものだ。
06553.png
目の前に聳(そび)える断層は全て1906年から1944年のものだ。
06554.png
数百万トンの岩石が40年足らずで積もって出来た!
最上層の噴石と溶岩は最後の爆発時のもので1631年以降で最大だ。そして1944年以降、噴火は起きていない。

次に大きな噴火が起きるとどうなるのだろう?周辺の住民数は2千年前と比べれば格段に増えている。3百万人が脅威に晒(さら)されることになるのだ。

Digging For The Truth - Season 1, Episode 03 - Pompeii Secrets Revealed
https://www.youtube.com/watch?v=Ahwge3EkW_g(完)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する